【ヒロアカ】A組強さランキング!個性最強は誰?

僕のヒーローアカデミア、通称ヒロアカ

アニメ4期も1年A組のオリジナルストーリーでスタートしてますますの盛り上がりをみせています。

ヒロアカといえば、個性を使ったバトルシーンは見応えがありますよね。

物語も進んできて、主人公・出久って今どれくらい強いの?という素朴な疑問が湧きます。

最初の頃は、個性のワン・フォー・オールを扱いきれずに怪我ばかりしていたイメージがありますが、最近はコントロールも上手くなってきましたよね!

そこで今回は、一番身近な存在である1年A組で現在の強さをランキングしたいと思います!

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】1年A組強さランキング!最強なのは誰!?

雄英高等学校に入学して、本編では今一年生の冬休みのところまできました。

その間、授業はもちろんですが、敵連合と戦闘したり、職業体験やインターンシップ、AB組合同戦闘訓練などしています。

その中で、最初はワン・フォー・オールに振り回されていたイメージのデクはいま、どのくらいの強さなのでしょうか?

また、No.1ヒーローには近付いているのかも気になるところですよね。

プロヒーローと比べてしまうとまだまだなので、同じ立場で苦楽を共にしてきた1年A組の中で強さをランキングしてみました!

  • 現在までの戦闘
  • ファンブックでの評価
  • 個性の能力
  • キャラクター自身のポテンシャル
  • 一対一での戦闘を想定

こちらをもとに独自にランキングしちゃってます。

本人達の実力を公式ファンブック「Ultra  Analysis」「Ultra  Archive」がA〜Eで評価していましたので、そちらも参考に載せました。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】1年A組で強さランキング!

個性も様々な1年A組。

なかなかランキングにするのは難しかったです…。

個人的な思考も入っておりますので、ご了承よろしくお願いします!

それではランキングいってみましょう。

 

【1位】緑谷出久(ワン・フォー・オール)

  • 戦闘スタイル:近接
  • パワー:E→A+
  • スピード:E→A
  • テクニック:B→A
  • 知力:B→A

1位はやっぱり主人公・緑谷出久

連載初期は、オールマイトから受け継いだワン・フォー・オールを使いこなせず、大怪我ばかりしていました。

逆に怪我してナンボみたいなところも。

しかしながら、オールマイトとの特訓にはじまり、経験を積み、自主練などもして必殺技も生み出しています。

伸び率で言えばぶっちぎり1位です。

運動会のときは、轟くんに敗れていますが今やればおそらく勝てるのではないでしょうか。

ワン・フォー・オールはスピードはかなりのものですし、接近戦に持ち込めば負けないと思います。

最近では遠距離も取得できていますしね。

また、出久の頭脳・知識量はハンパないです。

策略を練る、相手を誘導し出し抜くという点ではA組トップです。

その点は、コミックス3巻からの運動会編や、コミックス12巻からの仮免編などでも見せつけてくれました。

どんなときでも冷静に相手を分析し、勝機を導き出せる出久だからこそ、ワン・フォー・オールのようなシンプルな個性もうまく使いこなせるんだと思います。

 

【2位】爆豪勝己(爆破)

  • 戦闘スタイル:近接/遠距離
  • パワー:A→A
  • スピード:B→A
  • テクニック:A→A+
  • 知力:B→A

2位は、爆豪勝己くんではないでしょうか?

運動会でも1位でしたし、近・遠距離両方攻撃可能な上、頭も良いので、なんだかんだ口では言いながらも策士な面もあります。

冬はスロースタートですが、あまり問題にはなっていません。

また、コミックス22巻No.207先手必勝!からのB組との合同戦闘訓練でも「隙は窺うものではなく、動いてつくるものだ」と発言しています。

このセリフからも分かるように、基本的には自分から仕掛けて先導権を握ってしまう印象にあります。

ヒーロー仮免では補習組になるなど、ヒーローとしての人間性はまだまだこれから!と言ったところですが、個性・使う爆豪くんのポテンシャルを考えれば、かなり強いのではないでしょうか。

しかしながら、出久に対しては感情剥き出しになりがちなので冷静に対処できないことが多いです。

なので、出久にはやりこめられてしまうかなと思い2位。

 

【3位】轟焦凍(半冷半燃)

  • 戦闘スタイル:遠距離
  • パワー:A→S
  • スピード:B→A
  • テクニック:A→B-
  • 知力:B→B

第3位は轟焦凍くん。

彼の氷での攻撃力の高さはプロヒーローと比べてもずば抜けています

実際、コミックス3巻No.34勝ち負けの体育祭最終種目のトーナメント戦では、瀬呂くん相手に初っ端からドームを突き抜けるレベルの氷結を出していました。

これには、実況をしていたプレゼント・マイクとイレイザー・ヘッドも驚きで声を失うレベルでした。

この運動会にて父エンデヴァーの炎を個性を解放。

しかしながら、炎は氷に比べてコントロールが安定しておらず、まだまだ鍛錬が必要です。

また、最初は氷を使うというクセも。

父エンデヴァーからも、赫灼の取得が課題とされています。

氷だけだと、爆豪くんの爆破や出久のワン・フォー・オールによって破られてしまうのではないでしょうか。

また轟くんは基本的には、遠距離攻撃が得意なので、近接戦だと2人に比べて不利です。

なので、現時点では3位としました。

 

【4位】八百万百(創造)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:D→D
  • スピード:C→C
  • テクニック:B→A+
  • 知力:S→S

4位は八百万百ちゃん。

彼女は生物以外は何でも創り出せる上、知力も出久と同じレベルでしょう。

スピード・パワーは男子達には劣りますが、それを補えるだけの知識、予測の力があります。

また、欠点だった自分に対して自信がない、不測の事態に弱いことも、B組との合同戦闘訓練を見る限り克服しているように思います。

運動会のトーナメントでは、常闇くんに秒で敗れてしまい、本編では描写すらありませんでした。

しかしながら、今の百ちゃんなら常闇くんの個性・黒影の弱点を利用して勝てるのではないでしょうか?

また、百ちゃんは攻撃防御などオールマイティな個性ですし、近距離遠距離も網羅。

ただ、上位3人相手だと、なにか造る前に間合いを攻められてしまいそうだなと判断したのでこの順位になりました。

 

【5位】常闇踏陰(黒影)

  • 戦闘スタイル:近接
  • パワー:D→B+
  • スピード:C→A-
  • テクニック:B→C
  • 知力:C→C

5位は常闇陰踏くん。

彼の個性「黒影」は、遠くに飛ばして偵察させたり攻撃させたり、また常闇くん自身を抱き抱え飛行も可能です。

かなり便利でオールマイティな個性です。

しかしながら、黒影にはある弱点が…。

それは、光に弱く闇に強いこと。

闇が深くなると獰猛になり、制御が難しくなります。

実際、運動会では黒影、爆豪くんの爆破の光でやられています。

上位のメンバーは光を個性で発動できるので、対戦すると黒影が勝つのは難しそうです。

他にも光を発動できる個性のキャラクターはいますが、攻撃力・スピードなどを考慮すると空も飛べる常闇くんは対処できそうです。

そんな理由から5位にランクイン。

 

スポンサーリンク

【6位】飯田天哉(エンジン)

  • 戦闘スタイル:近接
  • パワー:B→A-
  • スピード:A→S
  • テクニック:C→C
  • 知力:B→B

6位は飯田天哉くん。

1年A組のクラス委員長であり、まとめ役でもあります。

彼の個性「エンジン」スピードで言えばクラス1でしょう。

レシプロ・ターボは10分の間も高速移動できます。

しかしながら、10分という制限時間があること、空中戦や遠距離戦闘には不向きな個性です。

また、制御不可能という欠点もあります。

これから、制限時間を伸ばし、制御もできるようになるとは思いますが、現段階では6位に落ち着きました。

 

【7位】蛙吹梅雨(蛙)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:E→C
  • スピード:C→B+
  • テクニック:B→A
  • 知力:B→A

7位は蛙吸梅雨ちゃん。

初期の頃から欠点らしい欠点がない優等生と高評価だった彼女ですが、個性もかなり優秀です。

彼女の個性「蛙」は、その名の通り蛙っぽいことはなんでもできます

舌を伸ばして捕縛したり、壁に貼り付いて跳んで移動など。水中は得意テリトリーなので水難事故はお手の物。

また、冷静沈着なので状況判断などはすごく早く正確にいつもしているので、クラスの精神支柱的存在。

梅雨ちゃんがいるだけで安心感が持てます。

ただ、自分から仕掛けるよりも、誰かのサポートで活躍する印象があります。

また、上記メンバー相手だとスピードや遠距離で捕縛する隙を与えてくれそうにありません。

そんな理由で7位になりました。

 

【8位】芦戸三奈(酸化)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:C→C+
  • スピード:B→B+
  • テクニック:A→A
  • 知力:E→E

8位は芦戸三奈ちゃん。

芦戸ちゃんの個性は「酸」

溶解液を身体から出すことができます。

さらに、濃度を調節できるので、弱い酸を出して、移動手段に使ったりしていますよね。

便利そうで多様な使い方ができる個性だとは思うのですが、今のところ取り立てて目立った活躍はありません。

芦戸ちゃん自身は明るくていい子だし、協調性もあるので、まさにヒーロー向きなんでもっと活躍してほしいのですが…。

個性の汎用性の高さと本人の性格、そこに期待を込めて8位にしました。

 

【9位】切島鋭児郎(硬化)

  • 戦闘スタイル:近接
  • パワー:B→A-
  • スピード:C→C-
  • テクニック:C→D
  • 知力:C→C

9位は切島鋭児郎くん。

彼の個性は無敵の攻防一体の全身硬化

硬くした手足で攻撃も可能だし、自分自身を防御できます。

おそらく、正面戦闘ではかなり強いでしょう。

同じ系列の個性を持つB組の鉄哲にも「お前は打てば打つほど強くなる、限界硬度がない」と評価を受けています。

しかしながら、相手をどう引きずり出して正面戦闘に持っていくかが課題ですよね。

近接戦や持久戦だと有利ですが、遠距離攻撃にはなす術がない点も今後どうしていくのかな、と思いました。

 

【10位】麗日お茶子(無重力)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:D→B-
  • スピード:E→B+
  • テクニック:A→A
  • 知力:C→B

10位は麗日お茶子ちゃん。

彼女は運動会の決勝戦ではあの爆豪くんと対戦しています。

結果は負けてしまいましたが、あの捨身なのも厭わないお茶子ちゃんの姿には少し驚きました。

重力を無くせる個性は、使い方によってはかなり強力ですが、やはり戦闘のサポート的な使い方のほうが活かせる気がします。

いままでの戦闘を見てみても、コミックス2巻からの救助訓練〜敵連合来襲やコミックス14巻からの死穢八斎會編、B組との合同戦闘訓練などではかなり活躍しています。

その反面、コミックス7巻からの一学期の演習試験では、プロヒーロー13号相手にかなり苦戦していました。

内容的にも、「赤点ギリギリ、30点ボーダーラインなら35点」と担任のイレイザーヘッドから言われてます。

これはおそらく、相棒に左右されるのではないでしょうか。

救助訓練や仮免試験では、戦闘に長けている味方がいましたか、演習試験での相方は青山くんでした。

なので、戦闘力は他のキャラに劣るかな、と思いました。

 

スポンサーリンク

【11位】瀬呂範太(テープ)

  • 戦闘スタイル:遠距離/サポート
  • パワー:E→D
  • スピード:B→A-
  • テクニック:B→A+
  • 知力:C→B-

11位は瀬呂範太くん。

瀬呂くんと言えば、冷静で状況判断や空気を読む力が抜群です。

膝からテープを出せる個性もかなり万能です。

しかしながら、運動会のトーナメント戦では轟くんの氷結に一瞬でやられていました。

ビルなどの建物があるような場所だとテープも有効に使えるのですが、開けた場所だと不利ですよね。

さらに相手が広範囲攻撃や空中戦などできるタイプだとなかなか勝つのは難しそうです。

罠を作ったりに向いてるので、どちらかと言えば待ち伏せしてはめる…などが戦法的には向いているのかなと思いました。

 

【12位】上鳴電気(帯電)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:C→B+
  • スピード:C→C
  • テクニック:B→B
  • 知力:E→E

12位は上鳴電気くん。

彼の個性「帯電」は電気を纏って放出するというもの。

出力のワット数は調節できますが、電気を操れるわけではありません

なので、あたり一帯に電気攻撃しちゃうって感じですね。

装備を改良して、無差別ではなく的に向かって放電することは可能になりました。

しかしながら、使い過ぎるとアホになる…のは大きな欠点ですよね。

通称ウェ〜イ状態になってしまうとどうすることもできません。

使える時間やワット数が伸びれば、順位も上がりそうです。

 

【13位】耳郎響香(イヤホンジャック)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:E→C
  • スピード:C→C
  • テクニック:C→B
  • 知力:C→B

13位は耳郎響香ちゃん。

耳たぶのプラグを使っての爆音攻撃・偵察や盗聴を行います。

耳郎ちゃんも、いままでの活躍はサポート面ばかりです。

一学期の演習試験では、同じ音の個性を持ったプレゼント・マイクにかなり苦戦を強いられていました。

仮免一次試験では、成長してジャックを腕のマイクに刺し地面に接着させることでえぐる「ハートビートファズ」も披露しています。

しかしながら、チーム戦だといたら心強いのですが、やはり個人戦となると決め手に欠けてしまうのではないでしょうか。

 

【14位】障子目蔵(複製腕)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:A→A
  • スピード:D→D
  • テクニック:B→A
  • 知力:C→C

第14位は障子目蔵くん。

彼の個性、複製腕は見た目のインパクト大。

手を生やせば攻撃力アップに繋がり、目や耳を複製すれば諜報活動を行えます。

近接戦ではおそらくパワーがあるので上位に入ると思います。

B組との合同戦闘訓練では20本以上の複製腕「オクトブロー」でその力を見せつけてくれました。

しかしながら、空中に逃げたB組の角取ポニーに対して文字通り手も足も出ず、タイムアップに持ち込まれてしまいます。

やはり、空中や遠距離になると打つ手がないのが課題ですかね。

梅雨ちゃんやお茶子ちゃんの力を借りてグライダー風に飛ぶ荒技はしていたので、なにかサポート器具で代用できたらいいのにな〜と思いました。

 

【15位】峰田実(もぎもぎ)

  • 戦闘スタイル:サポート
  • パワー:E→E
  • スピード:E→B+
  • テクニック:B→A
  • 知力:A→A+

15位は峰田実くん。

峰田くんは、挙動不審なことも多くてそちらばかりに目が行きがちですが、彼も立派な雄英生です。

彼の個性は頭から粘着質のボール状のものをもぎ取れます

このボールを投げて拘束したり、足場にしたり。

また峰田くん自身にはくっつかないので、自分をわざと跳ねさせてスピード移動も可能です。

使えたら便利な個性なのですが、あまり戦闘向きとは言えません。

峰田くん自身、知力は上位なのでうまく使いこなしているとは思うのですが…。

もう一歩、攻撃性のある必殺技などが持てるといいかなと思います。

 

スポンサーリンク

【16位】口田甲司(生き物ボイス)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:B→B
  • スピード:D→D
  • テクニック:C→C
  • 知力:C→C

16位は口田甲司くん。

生き物を操れることができるので、探索や場を混乱させるために使われることが多いイメージです。

だからか、あまり強いよね!という感じでもなく…。

虫も操れるようになったので、虫が嫌いな相手だと倒せそうです。

しかしながら、音が聴こえない状態にされてしまうとどうしようもありません。

やはり戦闘となると1人だと勝つのは難しいかな、という印象。

もっと大きい動物や獰猛な動物を操っているところをぜひ見たいですよね。

 

【17位】砂藤力道(シュガードープ)

  • 戦闘スタイル:近接
  • パワー:B→A+
  • スピード:E→B+
  • テクニック:D→D
  • 知力:C→C

17位は砂藤力道くん。

彼は糖質を取ることで3分間パワーアップするという個性です。

シンプルだからなのか、ちょっと出久とかぶるからか?あまり目立った活躍はありません。

しかしながら、近距離・短期戦ではかなり強い個性です。

逆をいうと、遠距離・長期戦になると、糖質がなくなってくるのでフラフラになってしまうのが欠点。

おそらく、徐々に燃費良く少ない糖質で長くパワーアップできるようにはなるとは思いますが、現段階ではこのあたりが妥当と思いました。

 

【18位】尾白猿夫(尻尾)

  • 戦闘スタイル:近接
  • パワー:B→B
  • スピード:D→B
  • テクニック:B→B
  • 知力:C→B

18位は尾白猿夫くん。

全てが平均値というバランスのいいキャラです。

また、個性が尻尾というシンプルなものなので、本人の格闘センスもなかなかのもの。

でもやっぱり上位のメンバーに比べると、突出したものがないのでなかなか勝つのは苦しそうです。

彼も、個人戦よりかは団体戦のほうが力を発揮できると思いました。

 

【19位】葉隠透(透明化)

  • 戦闘スタイル:近接/サポート
  • パワー:D→D
  • スピード:C→C
  • テクニック:B→A
  • 知力:B→B

19位は葉隠透ちゃん。

彼女は透明人間なので、本来は偵察などに向いている個性ですよね。

しかしながら、個性を強化し、光の屈折率を変えて相手の目を眩ませられるようになりました。

それと、B組の合同戦闘訓練では姿が見えないことを武器に、B組の吹出と連打応酬を繰り広げていました。

ただ、見えなくても関係ない戦法を取られるとどうしようもないとの、葉隠ちゃんもやはり決め手にかけるかな〜という印象です。

 

【20位】青山優雅(ネビルレーザー)

  • 戦闘スタイル:遠距離/サポート
  • パワー:D→D
  • スピード:C→C
  • テクニック:C→B
  • 知力:C→C

20位は青山優雅くん。

彼の個性「ネビルレーザー」おへそから光ビームを出せるというもの。

彼に関しては謎が多すぎて、ぶっちゃけ他のキャラとの比較がかなり難しいなと思いました。

やはり戦闘となると決め手に欠けるのと、サポート面での活躍が多い。

また、直接戦闘している姿が描かれていなきためこの順位になりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ヒロアカのメイン1年A組での強さランキングをまとめてみました。

長い記事を最後までお読みいただきありがとうございました…!

一括りに「個性」と言っても戦闘向きからサポート向きから様々すぎて、強さって何?という哲学的なことまで考えてしまいました…!

今回は一対一の戦闘を想定してランキングしてみましたが、ペアだとか、実際ほしい個性ランキングではまた違った順位になってきそうです。

また、彼らは何と言ってもまだ1年生!

これからどんどん成長していくと思います。

成長した彼らと敵との対決も楽しみですよね。

1年A組を親のような気持ちで見守りたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。