【鬼滅の刃】こくしぼう(黒死牟)が死亡!最後は誰が倒した?

鬼滅の刃に登場する鬼・黒死牟(こくしぼう)最後の死亡シーンをご存知ですか?

実は彼との闘いの様子やその結末は現在単行本未収録なんです!

ジャンプ本誌で繰り広げられた黒死牟との闘いのネタバレを一足先にご紹介します!

それでは、鬼滅の刃黒死牟の死亡と最後についてです!

 

スポンサードリンク

【鬼滅の刃】こくしぼう(黒死牟)が死亡!最後は誰が倒す!?

黒死牟(こくしぼう)といえば、上弦の壱の鬼。

つまり、鬼舞辻無惨を除く鬼の中では最強の鬼なんです。

今までは鬼殺隊最強の柱でさえ、上弦の鬼との闘いには苦戦を強いられ再起不能に陥る剣士もいました。

上弦の中でも随一の実力を誇る黒死牟との闘いは、まさに死闘となります。

そしてなんと黒死牟には鬼の中でも特別な驚くべき能力があります。

それは、鬼殺隊と同じ呼吸法を使い剣技で闘うということ。

黒死牟は「月の呼吸」という呼吸法を使い禍々しい剣で闘います。

鬼殺隊の剣士しか使えないはずの呼吸法を操る鬼

どう考えても絶望的です。

最強かつ最恐の鬼を本当に倒せるんでしょうか!?

そして誰が倒すのでしょう?

気になりますよね…。

 

スポンサードリンク

【鬼滅の刃】こくしぼう(黒死牟)戦の最後決着(死亡)は何話?

鬼殺隊との死闘の末、黒死牟(こくしぼう)が死亡しました!

第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」にて、黒死牟の身体が消滅し黒死牟の死が確認できました。

ただ、最恐の鬼である黒死牟の首を斬ったのは第175話「後生畏るべし」です。

というのも、黒死牟との闘いでは彼の過去の回想が所々に挟まれます。

ゆえに、首を斬った回と黒死牟が完全に死亡する回にラグがあるのですね。

ではいったいどんな流れで、誰が黒死牟を葬ったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

【鬼滅の刃】こくしぼう(黒死牟)を最後死亡させ倒したのは誰?

黒死牟を最後に倒したのは誰なんでしょう?

結果から言ってしまうと、岩柱風柱霞柱不死川玄弥です

4人の鬼殺隊の連携した剣技の末、黒死牟の首は斬られます

そこには4人それぞれの攻撃すべてが欠かせませんでした。

それでは、黒死牟を倒した4人の連携を詳しく見ていきましょう!

 

4人の連携!

最初は圧倒的に黒死牟が押していたのですが、逆転の起点となる攻撃があります。

それは、霞柱が黒死牟に刀を突きさした攻撃です!

そこから、不死川玄弥が黒死牟を南蛮銃でうちます。

銃の球には黒死牟自身の血鬼術が含まれていました。

その血鬼術で、黒死牟、霞柱を一緒に固定します。

この固定は失敗してしまいますが、2度目の固定で黒死牟が動けなくなってしまいました

その間に決定打の岩柱と風柱の連携攻撃

岩柱が彼の武器である鉄球を黒死牟の後頭部に直撃させ、その威力を増させるように風柱の日輪刀が鉄球に振りかざされます。

鉄球の勢いと日輪刀の勢いが合わさり、そのパワーはついに黒死牟の首を断つのです。

そしてこの命を賭けたこの闘いにて、霞柱と不死川玄弥が犠牲になります。

玄弥と兄である実弥の兄弟愛には感動しました。

鬼殺隊は大変大きな戦力を失いました…。

これで柱で死亡したのは3人になります。

悲しいですね。

ですが、この戦いは貴重な柱どうしの連携を見せてくれました!

色々な意味ですごい戦いでしたね。

 

スポンサードリンク

まとめ

鬼滅の刃でも最強の鬼・黒死牟(こくしぼう)の最後は第175話および178話で描かれています。

彼を倒すために、3人の柱と異能を持つ不死川玄弥による死闘が繰り広げられました。

決戦は全ての剣士が己の能力を全て出し切り、連携技も多く見られる熱い闘いとなっています。

黒死牟との最後の闘いは鬼滅の刃の中でも印象に残るものとなっているのです!

 

スポンサードリンク

11 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。