鬼滅の刃の竈門炭治郎に死亡フラグ!最後はどうなるの?

鬼滅の刃,炭治郎,死亡

鬼滅の刃の無惨戦はもう終盤!

皆さん満身創痍で戦っていますよね。

腕や足が取れても戦っています…。

そんな中、炭治郎に死亡フラグが立っているみたいです!

しかも死亡説まで…。

やっと禰豆子が人間に戻れたのに、最後に死ぬのはやめてくれ。

ということで、今回は鬼滅の刃の炭治郎死亡説についてまとめてみました!

 

【鬼滅の刃】竈門炭治郎が死亡!?最後はどうなるの?

鬼滅の刃の主人公、竈門炭治郎。

無惨戦ではボロボロになりながらも戦っていますよね。

そんな炭治郎に、死亡フラグが立っているだけではなく死亡説が出ているみたいなんです!

それらについての皆さんの反応についてまとめてみました↓

 

SNSでも話題になってる!?

皆さんの反応はこんな感じでした。

炭治郎死亡って濃厚そうですよね。

ですが、炭治郎は死亡していないって方も一定数いるみたいです。

とりあえず、今は息をしていない状態ですからね。

どっちに転ぶのでしょうか…。

 

スポンサードリンク

【鬼滅の刃】竈門炭治郎死亡フラグがたった理由は?

ここまで話題になった、炭治郎の死亡説。

根拠は一体何なのでしょうか?

ということで、ここでは炭治郎死亡説・死亡フラグの根拠についてまとめてみました↓

 

体がボロボロ

これは鬼殺隊皆さんに言えますが、炭治郎の身体がボロボロなんです。

無惨に大量の血を注入されたため、右側の顔が…。

目を覆うかのようにできものがついています

できものというか脳味噌?

更に、無惨の攻撃で左腕を失ってしまいました

普通の人間なら死んでいますよね?

これ、戦闘終わったら一気に死ぬパターンでは…。

こんなことからも死亡フラグが立っているみたいです。

 

無惨の体内に

199話で炭治郎は膨らんだ赤ちゃんみたいな無惨の体内に自ら入っていくんです。

この場にとどめおくように体内に踏み入ったようですが…。

いくら弱っているとはいえ無惨ですからね。

ここから、どんどん死亡フラグが濃厚に…。

まあ、大分前から立っていましたけどね。

しかし、199話の最後で無惨を内側から攻撃していたのでかろうじて生きてはいます

 

息をしていない

これは、200話から分かったことなのですが…

炭治郎が座ったまま息をしていないんです。

それを見て義勇さんが、また守れなかった的なことを言い炭治郎の死亡を濃厚にしています。

主人公がここまで来て死亡とか…。

バットエンドじゃないですか!

 

200話扉絵

ここでますます炭治郎の死亡説を濃厚にしているのは200話の扉絵

写真で見て

200話で生きている人は左側

死亡、死亡しそうな人は右側に描かれています。

扉絵に書かれている文字もそれっぽいですよね。

鬼滅の刃の扉絵はこれまでかなり話題になってきましたが、今回は信ぴょう性が高そうです。

 

根拠はこんな感じでした。

これは、死亡説が出るのも無理ないですよね。

炭治郎が死んだらハッピーエンドは期待できません。

本当に最後死んでしまうんでしょうかね…。

>鬼滅の刃200話の詳しい内容を読む

 

スポンサードリンク

【鬼滅の刃】炭治郎が鬼化で死亡説が濃厚に!?

200話で息をしていないことが分かった炭治郎ですが、201話鬼化してしまうんです!

というのも、無惨が、死ぬ前に自分の想いと一緒に、自分の血、力のすべてを炭治郎に託したからなんですよ。

結果、炭治郎は鬼化して太陽まで克服してしまいました。

更には、無差別攻撃を始めしまい、義勇さんが炭治郎討伐命令を出したんですよ。

そのために、炭治郎の死亡説が濃厚になっているんです!

どういうことか説明していきますね↓

 

討伐されて死亡する可能性

炭治郎が鬼になって太陽を克服したといっても、まだ、無惨程すごい強さの持ち主ではありません

血鬼術も覚えたで、そんなに強力ではありませんでした。

無惨戦で鬼殺隊が疲弊しているといっても、義勇さん、善逸、伊之助も残っていますし、本気になれば、炭治郎を倒すこともできるのではないでしょうか?

死亡説が濃厚になってきましたね…。

 

スポンサードリンク

【ネタバレ】炭治郎の最後とは!?

鬼化して太陽を克服した炭治郎の最後が判明しました。

果たして死亡したのか!?

詳しく解説していきたいと思います!

 

炭治郎は死亡しなかった!?

炭治郎に関して死亡説が出ていましたが…。

実はなんと炭治郎は生き返ります!!

彼が生きていてほんと良かったと、安心ですね。

また、この事実が判明したのが最終回の205話

もう手遅れ状態だった炭治郎がどのように生き返ったのかについて見てみましょう!

 

カナヲの薬で自我が目覚める

鬼化して無差別攻撃をしていた炭治郎。

彼に、カナヲは『彼岸朱眼』という技を使い、近づきます。

そして、しのぶが藤の花から作った人間化の薬を炭治郎に投与しました。

結果、炭治郎の眠っていた自我が目覚め始めたんです。

 

無惨の意志との格闘

炭治郎の自我が目覚めると無惨の意志との戦いが始まります

皆の所に帰り、人間として死にたいと願う炭治郎を、無惨はあらゆる言葉で引き留めようとするんです。

「大勢のものが死んだのにお前だけが生き残るのか?」

という無惨の問いに、炭治郎も抵抗を止めそうになりました。

 

死者と生者の後押しで鬼化が解ける

無惨に取り込まれそうな炭治郎。

彼を現世に押し戻そうとする手が出現します。

死亡した柱達の手でした。

更には、カナヲが投与した薬により、藤の花が出現し炭治郎を現世に戻す道しるべとなったんです。

藤の花の隙間からは、禰豆子の手が伸びていました。

炭治郎は、無惨の声を無視し、禰豆子の手をつかみ現世へと戻ったんです。

そして、無事に鬼化も解かれました。

 

人間に戻り幸せになった

鬼化が解かれた炭治郎は無事人間に戻ったんです。

一方、鬼化で再生した右目と左手は、形だけで機能はしていません。

後遺症といったところでしょうか。

そんな炭治郎は最後、禰豆子、伊之助、善逸と一緒に幸せに暮らしました。

 

以上が炭治郎の最後でした。

死亡せず、人間に戻れてよかったですね!

鬼滅の刃はキャラがすぐ死亡するので、炭治郎は死亡してしまうのではないかと焦りました。

作者さんに感謝です。

 

スポンサードリンク

【鬼滅の刃】炭治郎死亡説まとめ

さて、今回は鬼滅の刃の死亡説含め死亡フラグについてまとめてみました。

これまでの炭治郎のケガや、行動を考えると死亡フラグ立つのも無理ないですよね。

しかも、200話の展開からは死亡説になってしまいましたし…。

鬼化もしてますます死亡説が濃厚になりましたしね。

ですが、最後は、無事人間に戻り幸せに暮らしていました。

とにかく、ハッピーエンドでよかったです!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。