【鬼滅の刃】ネタバレ最新183話確定あらすじ!無限城が崩壊!?

鬼滅の刃では遂に無惨との戦いが始まってしまいました。

そこに登場したのが愈史郎

彼の力で、上弦の鬼を操ることに成功。

これで無惨に対抗できるかも?

どんな戦いとなっていくのでしょうか!

ここからは鬼滅の刃最新183話のあらすじ予想と最新183話の考察・感想について書いていきたいと思います!

それではよろしく!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新183話あらすじ予想

前回、愈史郎が鳴女を操ることで柱は集合できました。

このことが無惨を倒すために有利となるのでしょうか?

それでは、鬼滅の刃ネタバレ最新183話のあらすじ予想をしていきたいと思います!

 

動く壁

琵琶の音と共に壁が動く。

すぐに柱たちと無惨の間には溝ができてしまいます。

そして、彼の移動圧に炭次郎は身動きがとれない程。

何とか攻撃をしなければなりません。

無惨は白目をむき上弦の鬼をコントロールしようと力を出します。

そんな彼を見て、甘露寺は恐れ悲鳴に早く来てほしい様子。

 

炭次郎たちは無惨の力に苦戦しているようです。

 

無惨打倒作戦

愈史郎は無惨を倒すために作戦を考えていたようです。

柱たちの死んだふり作戦。

鳴女を操っている無惨の力を緩め、彼に柱たちは死んだと勘違いさせる。

そして、味方を集結し一気にに攻める作戦。

しかし、思ったよりも富岡義勇が危険だったので甘露寺が飛び出し失敗。

なので、ここからは無惨に攻撃して怒らせる作戦に。

そんな中、無惨は力を強め愈史郎を鳴女に吸収しようとします。

愈史郎も吸収されまいと更に力を強めます。

 

操っている鳴女に愈史郎を吸収しようとするなんて、無惨の力はすさまじいですね。

 

鳴女を殺す

義勇と伊黒が無惨に攻撃。

無惨は彼らの攻撃に気を取られる

力が弱まり愈史郎は再び鳴女を操ります。

無惨の足元の床が無くなり、下へと落下。

しかし、その瞬間無惨が手をぎゅっと握る

そして、鳴女の頭を破壊し殺してしまった。

この状況を見た愈史郎。

このままでは城が崩壊してしまう。

鳴女の体が城滅するまでに、隊員たちを外へと彼は思う。

 

無限城の崩壊

床に叩きつけられる炭次郎

まだ外ではないこと、仲間の隊員たちが倒れている状況を把握。

そして、落ちていた刀に目を向けます。

甘露寺が無惨に攻撃。

その隙に炭次郎は攻撃されるも彼に近づいていく。。

その時、城がきしみだし、崩壊しそうになります。

無惨の攻撃が甘露寺を襲う。

そこへ炭次郎が無惨に攻撃。

刀を無惨の頭に突き刺すことに成功。

と同時に、大きな音を立て無限城崩壊

炭次郎たちは外に放り出されたてしまった、、、。

 

無限城が崩壊してしまいました。

いよいよ、無惨と地上での戦いとなりそうです。

夜明けまであと何時間なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ最新183話考察・感想

無惨は鳴音を殺してしまいました。

使い物にならなくなれば破壊するなんて恐ろしすぎますよ。

結果的に、無惨のおかげで無限城が崩れたんですけどね。

次回は地上戦。

炭次郎たちは無惨に対抗できるのでしょうか。

ではここからは、鬼滅の刃最新183話の考察・感想について書いていきたいと思います!

 

総力集結

無限城が崩壊しました。

これで悲鳴たちも集まることができそうです。

総力集結ですよ。

今のところ炭次郎たちの思惑通りにことが進んでいる感じ。

ここからは、夜明けまで無惨を足止めするか、彼を倒してしまうか。

炭次郎は攻撃を受けながらも、無惨の頭に一撃を与えることができました。

この攻撃ができたということは柱が集まれば彼を倒すこと可能かも?

しかし、無惨は簡単には倒せないはず。

彼の移動圧で炭次郎は身動きが取れなくなっていましたし、まだまだ力を秘めていそう。

地上戦では彼は秘めたる力を開放するかもしれませんね。

 

鬼滅の刃はいよいよ地上戦。

柱集結で無惨を倒すことができるのか!

次回も目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】最新ネタバレ182話あらすじ予想!

前回では炭次郎義勇無惨と対峙したところでしたね。

炭次郎は今にも無惨に攻撃しそうな様子でした。

彼らは戦闘を初めてしまうのでしょうか?

では早速、最新話182話のあらすじ予想をしていきたいと思います!

 

炭次郎の覚悟

無惨と向かい合う炭次郎

無惨に怒りを覚えながらも、彼を倒す方法を考えていました。

 

首を飛ばしても死なないので、今は太陽の光に当てるしかない。

無惨から有益な情報を引き出し、皆に伝える、それまで生き残ろう

そこからが本当の戦いだ。

 

と、炭次郎は心の中で覚悟するのでした。

 

先手は無惨

突然、無惨戦闘を開始

彼の攻撃が炭次郎たちを襲います。

炭次郎は攻撃をよけながら彼の懐に飛び込みますが、右目に一撃をくらってしまいました。

窮地にあった炭次郎ですが義勇に救われます。

無惨は二人の行動から、夜明けまで時間稼ぎをしていることに気づいた様子。

そして、蛇柱と恋柱が死んだことを告げました。

彼が上限の肆の目を通して見た光景には、息絶えた蛇柱恋柱が映っていたのです。

 

恋柱と蛇柱が参戦

無残の攻撃により、炭次郎は壁際に追い込まれます。

と、そこに恋柱・甘露寺が天井を破り無惨に攻撃!

彼女が生きていたことに驚く無惨ですが、攻撃にはびくともしません。

そして、続いて蛇柱・伊黒も現れました。

彼は炭次郎のそばに付きます。

2人が生きていることに無惨は驚き、鳴女の名を叫ぶのでした。

 

怒りの愈史郎

鳴女のそばに現れたのはなんと愈史郎

彼は上弦の目にお札を貼り、彼女を操っていたのです。

これにより無限城は崩壊しそうになります。

愈史郎は珠世を失ったことを悲しみ、無惨に怒りを燃やしていました…。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ最新182話の考察と感想!

恐れていた無惨との戦いが遂に始まってしまいました!

追い詰められる炭治郎たち、その窮地を救ったのが愈史郎

恋柱達が鳴女を倒すのかと思いきや、お札でを操るとは予想外でした!

炭次郎と同じく怒りに燃える愈史郎、そして柱たちは無惨にどう立ち向かうのでしょうか。

ではここからは、最新182話について考察、感想を書いていきたいと思います!

 

鳴女を操り無惨を外へ

甘露寺の達の前に現れたのは愈史郎でしたね!

彼のお札の力で炭次郎達も危ないところを救われました。

無惨を倒すには太陽の光に当てる必要があります。

愈史郎の力を使って、無惨を無限城から外へ追い出せるかもしれませんね。

鳴女を操ることで恋柱たちの攻撃も有利になりそうです。

壁を動かし彼女たちを援護できるかも。

炭次郎たちは傷を負っていますし、彼らを守ることも可能なのではないでしょうか。

そうすれば、無惨は愈史郎を攻撃してくるでしょうね。

柱たちは彼を守りながら戦わなければいけません。

また、無惨は簡単には思惑通りにはならないはず。

なのでこの戦闘態勢でまずは夜明けまで持ちこたえるのではないでしょうか?

 

今回の鬼滅の刃、愈史郎の活躍で恋柱たちが合流できました。

彼のお蔭で無惨との戦いに少し光が見えたように思います。

今後どういう展開になるのでしょうか?

次回の鬼滅の刃も気になりますよ!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ最新181話確定あらすじおさらい!

前回では無惨が復活してしまいましたね。

なんとしても避けたかった状況ですが、復活してしまったからにはなんとかするしかないですよ。

一体、炭次郎たちはどうなってしまうのでしょう?

今回で明らかになるのか!

では早速、最新話181話のあらすじ予想をしていきたいと思います!

 

無惨復活を悔いる輝利哉

輝利哉は自分を責めました。

自分のせいで隊士がやられてしまったと。

このままでは大勢の人が殺されてしまいます。

その時、いきなり彼の頬を妹が叩きました。

「お館様、しっかりしてください」と彼の指示を仰ぎます。

このおかげで輝利哉は自分が父産屋敷を継いだお館様だということを再確認するのでした。

それから彼は、柱や隊員達を集結させ、戦力をひとつにせよとの指示を出します。

そして、かたな、くいなに感謝を表すのでした。

 

甘露寺と伊黒

無惨復活柱は集まれとカラスの知らせが来ました。

恋柱甘露寺蛇柱伊黒は鳴女のことで足止めを食らっているようです。

とその時、甘露寺の羽織を掴む隊員がいたのです、、、、。

無限城内には鳴女琵琶の音が響いていました。

 

義勇と炭次郎、無惨と対峙

鳴女によって義勇炭次郎無惨の前に飛ばされてしまいました。

遂に2人は無限城で無惨と対峙

炭次郎は息が荒くなります。

脳裏には、無惨によって殺された家族、鬼になった禰豆子、死んでしまった胡蝶しのぶ、玄弥、無一郎達の姿が浮かぶ。

刀が折れそうになるほど握りしめる彼を義勇が落ち着かせます。

 

炭次郎、無惨に怒りの言葉

無惨は口を開きます。

お前たちは仇打ちばかりでしつこい、生き残ったのだからそれで十分だと。

これを聞いた炭次郎は怒りがこみ上げます。

「お前は何を言っているんだ。」

また話し出す無惨。

「死んだものは生き返らない、日銭をでも稼いで静かにくらせばどうだ。」

「なぜそうしないのか、理由はひとつ、鬼狩りは異常者の集まりだからだ」

そして、彼は「疲れたので戦いを終わりにしたいのは自分の方だ」と言います。

炭次郎の静かな怒りは更にこみ上げました。

彼の目は怒りで光を失ってしまったよう。

そして彼は口を開きます。

「無惨、お前は、存在してはいけない生き物だ」

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ181話の考察と感想!

いやぁ、かなりハラハラする展開になってきましたよ。

炭次郎達が無惨の目の前にいるなんて。

ラストの炭次郎の言葉はその怒りの大きさを物語っていましたよね。

ではここからは、最新181話について考察、感想を書いていきたいと思います!

 

鳴女を倒して柱集結

甘露寺と伊黒が苦戦している鳴女

鬼は琵琶を使って建物を操る血気術を使うようですね。

たしか、この血気術は以前炭次郎が戦った鬼も使用してました。

かなり厄介な力ですよね。

彼が戦った時も苦戦していたので長丁場の戦いになりそうではあります。

しかし、血気術の力が強いだけで、鬼そこまで強くないかも。

なので、炭次郎が戦った時のように、術の弱点を見つけることができれば決着は速そうです。

鬼を倒せば血気術も解け、建物は元の姿に戻るはず。

そうすれば柱集合も簡単になるはずですよね。

しかし、羽織をつかんだ隊員とは一体誰なんでしょうか。

 

柱集結まで持ちこたえる炭次郎たち

甘露寺たちが、鳴女を倒すまで炭次郎は無惨と戦います。

かなり強くなっている炭次郎なので無惨を足止めさせることはできるのでは?

無惨も復活して間のないですし、完全体?ではない可能性があるので戦えそう。

しかし、炭次郎たちもかなり体力を消耗しいるので、どちらかが、あるいは援護でたどり着いた誰かが犠牲になるかもしれませんよね。

 

今回の鬼滅の刃もかなり緊迫した状況です。

というかほんとにやばい自体ですよね。

無惨を目の前にして、成すすべなし!?

どういう展開になるのかかなり気になりますよ!

もう仲間が死ぬのは見たくない!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。