【鬼滅の刃】ゆしろう(愈史郎)の能力とは?強さ考察してみた!

鬼滅の刃(きめつのやいば)に登場する愈史郎(ゆしろう)

彼は唯一珠世によって鬼となった人物。

鬼といえば血鬼術ですが、彼もこの能力を使うことができるんですよね!

そして、無惨との戦いではこの力が大いに活躍したんです。

彼の能力を見てチート級なんて言葉も出るほど!

チート級な血鬼術ってどんなの?と気になるところですよね。

ということで、今回は鬼滅の刃(きめつのやいば)愈史郎の能力そして強さについて考察していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ゆしろう(愈史郎)の鬼気術!

珠世よって「鬼」となった愈史郎

人間を食べることはありませんが、珠世よりも少ない量「人の血」を摂取することで生活できる特異体質な鬼なんですよね。

彼には、鬼としての能力も顕在していて、血気術を使うこともできます。

血気術にはいろいろなものがありますよね!

これまでたくさんの能力がでてきました。

愈史郎はどのような能力を使うのでしょうか?

それでは早速、彼の能力血鬼術について見ていきましょう!

 

「視覚」に関する血鬼術

愈史郎の血鬼術は「視覚」に関するものです。

現在、術の名前の方は不明のようですね。

この力は、「空間を広範囲に把握」したり、「相手の視覚にまで影響を与える」など様々な力があるようです。

そして、彼の血鬼術はほとんどが「呪符」というお札のようなものを使って能力を発揮します。

 

それでは愈史郎の血鬼術について具体的に見てきましょう!

 

可視化能力

人の目には見えない物(血鬼術)など認識できる能力。

炭治郎達と共に戦った鬼の矢琶羽(やはば)血鬼術が見えるようになっていました!

矢琶羽の能力は「物の軌道を操る」ことで、物の進む方向が赤い「矢印」となって現れます。

この「矢印」を愈史郎は認識することができていたのです。

人の目には見えないので当然炭治郎には見えず、そんな彼に愈史郎が「矢印がみえないのか!」といった言葉をかけていた場面がありました。

攻撃の軌道「見える」「見えない」とではかなりの大違い

これはとても有力な力ですよね!

 

自分の姿を透明化

自分の姿透明にできる能力。

これはアニメ版で使用されたようです。

身体を透明化して鬼の朱紗丸(すさまる)攻撃を仕掛けていました。

 

この能力についての詳細はわかりませんが、愈史郎の「視覚」の血鬼術と関係があるのならば、相手の視覚から「隠れる」ことで透明になることができているのかもしれません。

もしくは、珠世の言っていた「愈史郎の攻撃の準備には時間がかかる」という言葉。

これと関係があるのなら、何かを「準備」することで透明になれるのかも。

もしかしたら、珠世が「透明になる薬」を作っていたりして笑

 

「呪符(じゅふ)」

「呪符」は赤い目の模様を描いたお札のようなもの。

愈史郎はこのお札を建物などに「張り付けて」血鬼術を使います

 

ではこの呪符を使った血鬼術を見ていきましょう!

 

目くらましの術

建物や人に呪符を張り付けることで認識させなくすることができます。

さらに細かく説明すると、

  • 建物や人の気配、匂いを隠せる
  • 存在自体は消せない
  • 隠す人数が多いと痕跡を残し、敵に見つかりやすくなる
  • 血鬼術を見破られてしまうと効果が無くなる

この力を使って愈史郎、珠世は無惨から姿を隠していました。

また、愈史郎達が「身を隠していた建物」に呪符を貼り付けることで、「建物ごと」他者の目から隠すことも可能。

しかし、矢琶羽の能力により炭治郎の「足跡」を辿られ建物を見つけられてしまったんですよね!

「隠す人数が多いと痕跡を残す」ということですが、この時は愈史郎、珠世、炭治郎、禰豆子の4人。

愈史郎と珠世だけなら隠し通すことができた可能性を考えると2人以上になると見つかりやすくなるのかもしれませんね。

でも、矢琶羽のような追跡能力がない限りは見つけられなさそう。

無惨は彼が追跡の力を持っているから炭治郎を追わせたのかもしれませんね。

 

他者に視覚を共有できる

呪符を他者の額に張り付けると、自分の視覚を共有できる。

これを使って愈史郎にしか見えなかった矢琶羽の「矢印」炭治郎にも見えるようになっていました。

また、鎹烏(かすがいがらす)産屋敷の兄妹たちにこの能力を使うことで、無限城内を把握することもできていたんですよね。

いわば、「監視カメラ」のような役割。

広範囲まで把握できるのでかなり有用性のある能力です!

 

相手の視覚を操作

呪符を貼り付けた者視覚を操る

上弦の肆、鳴女(なきめ)の視覚を操り「幻」を見せていました。

これにより鳴女の目を通して状況を把握していた、無惨には「蛇柱伊黒と恋柱甘露寺の倒れた姿」が見えていて、彼らが死んだと勘違いさせることに成功するんですよね!

そして幻を見せるだけでなく、無惨からの鳴女の「支配」を一時的に外すこともできました。

幻まで見せられるだけでもすごい能力ですが、無惨の支配をも外すとは愈史郎の血鬼術はかなり強いですよね。

しかし、この強さには愛する「珠世さんの死」が大きく影響しているでしょうね。

無惨への怒りが彼の力をより一層強くしたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ゆしろうの強さ考察!

ここまで愈史郎の能力、血鬼術を見てきました!

かなり強い能力の持ち主だとわかりましたが、愈史郎ってどのくらい強いのでしょうか?

鬼なので血鬼術だけでなく戦闘能力も優れているのかも?

ということで、ここからは愈史郎の強さはどれほどのものか考察していきたいと思います!

 

戦闘力

まずは愈史郎の戦闘力について、朱紗丸との戦いから見ていきましょう。

以下に朱紗丸との戦闘の様子をまとめてみました!

  • 上弦の鬼ではない彼女の攻撃を避けることができず、頭を破壊される。
  • 「矢印」が見えていたが、避けることができない
  • 攻撃態勢に入るには準備のため少しの時間が必要。
  • 蹴りの攻撃で朱紗丸に「尻もち」をつかせる。

 

上記を見ると戦闘力はあまりなさそうですね笑

せっかく血鬼術で攻撃が見えても、避けられないのは戦闘能力が低いと言えます。

攻撃威力を見ても鬼に「尻もち」をつかせる力なので人間よりは力はありますが、鬼として少し弱い感じです。

また、「攻撃態勢に入るために準備が必要」ということでなので、個人戦よりばタッグ組んで戦う必要がありそうですね。

実際にこの時も禰豆子と組んで戦っていましたよね!

 

再生能力

愈史郎は「破壊された頭」少しの間に再生しました。

再生能力は他の鬼同様の力がありそうですね!

しかし、この間に攻撃を避けることができなければ、かなりのダメージを食らってしまうかも。

 

身体能力

無限城にて落下する善逸を抱えて余裕で着地していました。

これを踏まえると身体能力他の鬼同様にあると考えられそうです。

身体能力は並にあるようなので、瞬発力などが低いのかもしれません。

 

禰豆子よりも弱い?

鬼殺隊「鬼」といえばまず思い浮かぶのが禰豆子ですよね。

彼女はひと蹴り鬼の顔をけり飛ばしたり、「爆血」という強力な血鬼術を使うなど戦闘においてかなりの力を発揮しています。

先ほどの愈史郎の戦闘力からすると、禰豆子よりはかなり弱いと言えますよね。

彼が「避けられなかった」朱紗丸の「毬」禰豆子は「蹴り返せる」ようになっていましたし笑

 

人間を食べないと弱い?

愈史郎が戦闘能力的に低いのはやはり「人間を食べていない」からでしょうか?

鬼は「人間を食べる」ことで力をつけていきます。

そして特に、「稀血」の人間を食らうことでより力をつけることができるらしいんですよね。

炭治郎と戦った「鼓の血鬼術使い」の響凱(きょうがい)強くなるために、「稀血」の人間を見つけて食べていました。

なので、人間の少量血だけを摂取している愈史郎戦闘能力が低いのかもしれませんね。

「稀血」が鬼の強くなる秘訣であるのなら、愈史郎がこの血を少量でも摂取することができれば、もしかしたら今より強くなる可能性もありそうです。

あと、愈史郎は無惨からではなく「珠世に鬼にされた」ということも関わっているのかもしれません。

無惨の血を分けたものは強くなっているので、珠世によって鬼となった者戦闘能力が低いということも考えられそうです。

 

無惨にも対抗できる血鬼術?

彼の戦闘力についてみていきましたが、愈史郎「血鬼術に優れた鬼」なのかもしれません。

それを裏付けることとなるのが無惨との操作攻防でしょうね!

この時は無惨に押されて、鳴女の中に「手」を吸収されそうになっていたものの彼も負けじと力を発揮していました。

無惨は愈史郎だけでなく、柱を相手にしながらの状況なので全ての力は使ってないのかもしれませんが、無惨相手にせめぎ合うような戦いができるのは、かなり強い能力ともいえるのではないでしょうか?

「戦闘能力が低い」代わりに血鬼術にその分のパワーが追加されてるのかもしれませんね!

 

愈史郎は血鬼術が強い鬼!

愈史郎の強さを見ていきました。

以上の考察をまとめてみると彼は戦闘向きではないにしろ、「血鬼術特化した鬼といえそうですね。

血鬼術を広範囲汎用的に使用できますし、無惨とも対抗するほどの力を出すこともできます。

愈史郎の能力は色んな血鬼術の中でもかなりチート級でしょうね!

愈史郎の血鬼術をみて、彼の強さを思い知らされましたよ!笑

 

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回は鬼滅の刃(きめつのやいば)愈史郎の能力と強さについて考察しました。

彼の「視覚」に関する血鬼術はかなり能力が高いことがわかりました。

彼の力は鬼殺隊にはなくてはならない力でしょうね!

今後も彼の力が必要となってくるかもしれません。

今度はどのように活躍してくれるのか期待ですね!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。