鬼滅の刃の宇髄天元は嫁が3人いる!?音柱の妻たちをまとめてみた!

鬼滅の刃 宇髄 嫁

鬼滅の刃の宇髄天元には嫁がいるということが話題になっています。

あれだけのイケメンですから周りがほっておかないですよね!

しかも嫁の数が3人いるそうで驚きですよね。

どうして3人もいるのでしょうか!

その嫁達も旦那さんをとりあったりしないのでしょうか?

どんな関係なのかきになりますよね。

そこで今回は鬼滅の刃の宇髄天元の嫁達についてまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

音柱・宇髄天元は嫁が3人いる!?

宇髄天元には実は嫁が3人います。

なんで3人もいるの??と不思議に思いますよね。

嫁3人ってもしかしてイケメンの特権なのか…??

それには次のような理由がありました。

 

嫁が3人の理由

なぜ3人も嫁がいるのかというと、宇髄さんの家は忍の家系で一族を絶やさないため『一夫多妻制』をとっていました。

一族の掟では15歳の時に嫁を3人取ることが決まっているそうです。

嫁はくノ一の中から父親が3人選んでいたようなので、許嫁のような位置づけにあると思われます。

一族の考えは嫁は子孫を作るための道具であり、死んでも構わないという扱いだったようです。

宇髄さんはその命を大切にしない考えに賛同できず、嫁を連れて一族を抜けています。

旦那さんが宇髄さんじゃなかったら、死んでも何とも思われなかったと思うと、嫁達は運が良かったですよね。

 

嫁と宇髄さんの関係

宇髄さんと嫁達は夫婦でもありますが、信頼関係が強いチームといった感じもあります。

基本音柱として任務に就く宇髄さんのサポート役を嫁達はおこなっていました。

 

自分の命を大切にすることを教えてくれた人

嫁達は宇髄さんのおかげで自分の命を大切にすることができるようになっています

鬼殺隊柱のサポートをする以上、鬼と戦い命の危険が伴ってしまします。

そこで宇髄さんは命の順序について「まずお前達3人が一番、次に堅気の人、最後が俺。ぶっちゃけ死なないでほしい。」と嫁達に話していました

嫁達はくノ一として育ち、「死ぬのは当然、自分の命を優先していたら役に立たない」という世界で生きていたため、その言葉には驚いたようです。

しかし、旦那さんがそうして良いというのだから、そんな生き方をしても良いのかもしれないと思えるようになりました。

こんな旦那さんだったら尊敬できますし、一生ついていきたいと思いますよね!

 

3人の関係性

一夫多妻制だと宇髄さんの取り合いや、嫉妬などでうまくいかない事もあるのではと心配になりますよね。

ですが、この3人の嫁達の関係は良好で、姉妹のように仲が良いようです。

まきをと須磨は喧嘩もよくするようですが、憎しみあってというより、姉と妹の喧嘩のような状況が多いようで、すぐ仲直りしています。

宇髄さんが分け隔てなく3人を大切にしているというのも大きいのかもしれないですね。

嫁と温泉巡りが宇髄さんの趣味のようで、和気あいあいとした家族の関係がきちんと築けているんだと思います。

 

スポンサードリンク

音柱・宇髄天元の嫁一覧!

3人の嫁の名前は『まきを』、『須磨(すま)』、『雛鶴(ひなつる)』と言って3人ともタイプの違う美人さんです。

それぞれどんなキャラなのか一覧でご紹介したいと思います。

 

まきを

左側の女性が『まきを』になります。

勝気な性格をしており、須磨や雛鶴を引っ張る“姉御的”役割が多いようです。

短気で喧嘩っぱやいところもありました。

性格の違いからか、よく須磨(すま)を叱っており喧嘩をしています。

前髪だけ金髪なのでちょっとやんちゃな女性って感じですよね。

 

須磨(すま)

右側の女性が『須磨』になります。

くノ一ですが結構気が弱くて泣き虫な性格

嬉しくても、悲しくても泣きがちで、感情が高ぶりやすいのか大騒ぎしてしまうことが多いです。

性格の違いからか、よくまきをに怒られておりよく喧嘩をしています。

宇髄さんが大けがを負っている時も大泣きして、うるさいと口に石を詰め込まれていましたw

かわいいけどぎゃんぎゃんうるさい妹タイプの女性って感じですかね。

 

まきを・須磨は鬼に捕獲されてしまう

遊郭ではお互い違う店に潜入していました。

しかし2人とも鬼に見つかり帯の中へ閉じ込められ捕獲されてしましました。

伊之助、善逸、宇髄さんにより救出されました。

 

雛鶴(ひなつる)

冷静で真面目な性格で、3人のまとめ役をすることが多いようです。

まきをと須磨がすぐ喧嘩するので、仲裁に入って落ち着かせたりしています。

雛鶴も遊郭に潜入しましたが鬼に目をつけられ身動きがとれなくなりました。

自ら毒を飲んで病気のふりをし店から脱出しました。

しかし監視をつけられ、それ以上逃げられなくなっていた所を宇髄さんに救出されています。

落ち着いた美人さんで私は雛鶴が一番タイプですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

さて今回は、鬼滅の刃の宇髄天元の3人の嫁についてまとめてみました。

嫁の名前は『まきを』、『須磨(すま)』、『雛鶴(ひなつる)』で3人ともタイプの違う美人さんで元くノ一したね。

宇髄一族の掟で3人嫁を取ることが決まっていて、父親が決めた3人と結婚をしたということが分かりました。

一夫多妻制で宇髄さんを取り合ったり、仲が悪いといことはなく、逆に関係性は良好なのだそうです。

喧嘩をしたりもしますが姉妹の喧嘩の延長のようなものということで安心しましたw

また、宇髄さんが命の順を決めた時、『3人が一番目』と言っており、嫁達をとても大切にしていることがわかりましたね。

そんな旦那さんだったら尊敬できるし、みんなで力を合わせて助けてあげたいと思っちゃいます。

3人の嫁が仲が良いのも宇髄さんのおかげだと思いました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。