ワンピースササキの能力はトリケラトプス!?悪魔の実を考察してみた!

ONE PIECE(ワンピース)に登場するササキ

カイドウ率いる百獣海賊団の幹部、飛び六胞の一人です。

その戦闘力含め、まだまだ謎の多い人物ですよね!

ですがその謎のうち、最新話で明らかになったことがあります。

ササキの悪魔の実が公式で発表されたのです!

ササキはリュウリュウの実古代種・モデル『トリケラトプス』の能力者でした。

今回はONE PIECE(ワンピース)ササキの悪魔の実について、公表前の裏付けを含めご紹介します!

 

ササキの能力は古代種トリケラトプスに確定!

さて、ササキの能力がリュウリュウの実・モデル『トリケラトプス』に確定しましたね!

上記の画像がササキの変身した姿です!

かっこいいですね!

しかもかなり大きな体をしていて迫力満点^^

ササキの能力がトリケラトプスだと予想していた人は多いでしょうね。

私もその内の一人です!

ということで、ここからはササキの能力について以前の考察を紹介したいと思います^^

 

スポンサードリンク

ササキの悪魔の実を考察!

現在判明している飛び六胞の能力は古代種ですよね。

なので、ササキも例に漏れず古代種の能力である可能性はかなり高い状態でした。

そんな中でのササキの悪魔の実の能力考察について紹介します^^

 

額からツノが生えている

まずは、ササキが古代種の能力者であるかという考察です。

古代種として判明しているうるティやページワンにはツノが生えていましたよね。

ササキの額にもツノが生えているので古代種である可能性はかなり高いという考察でした。

能力考察で容姿は結構重要になってきますよね^^

 

ツノが前向きに生えている

そして、ササキのツノが正面から見て前向きに生えていることからモデルがトリケラトプスだと考察していました。

トリケラトプスの代表的な特徴がツノがまっすぐ前に生えていることなんですよね。

うるティやページワンは正面から見て横向きにツノが生えていました。

ツノが生えているだけでなくツノが生えている向きがキーポイントでしたね^^

 

装甲部隊を率いている

装甲部隊を率いていることからも、ササキがトリケラトプスだという考察もありました。

トリケラトプスはかなり硬いツノや体躯を持っていたとされています。

なので、自身と似て硬い体を持った部下を装甲部隊として率いていたのかもしれません。

部下の中にはサイや甲殻類のSMILEのようなキャラがいましたよね^^

 

以上、ササキの悪魔の実の能力考察でした。

上記の考察通り、ササキの悪魔の実の能力はトリケラトプスでしたね^^

変身した彼がどんな強さなのか気になります!

 

スポンサードリンク

まとめ

さて、今回はONE PIECE(ワンピース)ササキの悪魔の実について考察していきました。

公表前の色々な裏付けや考察通り、ササキはリュウリュウの実古代種・モデル『トリケラトプス』でしたね!

これで飛び六胞たち全員の悪魔の実が明らかになりました

百獣海賊団の一員でかつその中でも幹部クラスとなると、やはり全員古代種の能力者でしたね。

ワノ国編はいよいよ佳境に入ってきていて、飛び六胞たちと麦わらの一味たちが戦うシーンも見られます。

今後飛び六胞たちの強さが明らかになることを期待しましょう!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。