【ヒロアカ】オーバーホールの個性が強すぎる!?能力や技を紹介!

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)オーバーホールといえば、かなりの人気キャラです!

10月からのアニメ新シリーズが始まるということで、ますます盛り上がっているわけですが。

そんな彼の個性がかなりの最強レベルだと話題になっています!

戦闘シーンなんかもかなりかっこよくて痺れちゃいますよね!

とうことで、今回はヒロアカのオーバーホールの個性についてまとめていこうと思います!

能力を使った技も紹介しますね!

それではどうぞ!

 

【ヒロアカ】オーバーホールの個性が強すぎると話題!

ヒロアカの個性って戦闘向きなものや実用的なものから、あんまり役に立たないよね?ってものまで登場します。

10月からはじまったアニメ4期の死穢八斎會編のメイン敵のオーバーホールこと治崎廻(ちさき かい)

そのオーバーホールの個性が強すぎると話題になっています。

どんな個性か見ていきましょう!

 

【ヒロアカ】オーバーホールの個性ってどんな能力?

オーバーホールの個性名は、名前と同じく『オーバーホール』

一言で言えば対象の分解・修復が可能な能力。

う〜ん、なんだか凄そうなのはわかるけど、イメージが湧きにくいですよね?

本編でオーバーホール本人はこの能力を「壊れてもすぐに修復すれば蘇生可能」「原型を留めていなくても元通りに治すことが可能」と説明しています。

ただし、破壊したものはすぐに蘇生・再生しないと元通りにはならないので、リスクがないわけではありません。

普段は手袋をしているのに、個性を使うときには外すことから、素手で触ることが発動する条件の能力だと推測できます。

超潔癖症の彼らしい条件ですよね。

 

例えば、お皿とか割ってもすぐに触れば元通りになるってこと。

蘇生もできるということは、怪我なんかも治せるってことですもんね。

交戦して重傷を負っても、すぐに元に治せる。

すごく便利!

多分いままで出てきたヒロアカキャラの中でも、使いやすさ、応用力はトップクラス間違いないです。

逆に言えば、敵としてだと、かなり手強そうですよね〜。

次は、そんなオーバーホールの技についてみていきましょう。

 

【ヒロアカ】オーバーホールの能力を使った技

オーバーホールの個性を使った技がまたかっこいいんですよね。

彼の個性には技名がないので、ここでは、対戦別でまとめてみました!

 

マグネ戦

オーバーホールが初めて個性を披露した、対マグネ戦。

マグネの上半身に触れ、分解させています。

戦闘時の基本的な使い方の一つとして、よく登場してます。

触れて分解させて殺す、というシンプルな方法。

オーバーホールは、Mr.コンプレスの左腕もこの方法で分解させています。

 

乱波戦

本編では描かれていませんが、戦いに破れた後、ファットガムに何故オーバーホールの下につくのかと問われた乱波。

そこで乱波は、自分が唯一負けた相手だからだ、と答えています。

本人の感覚としては、死んだと思ったら元通り。

八斎會に入ってからも、5回勝負を挑んでいますが、全敗。

つまりは、あのファットガム・切島ペアをギリギリまで追いつめた乱波の威力、スピードをオーバーホールは捌けるということ。

オーバーホールの個性は、腕に触れなければ意味がありません。

そういう意味では、個性を使いこなせるオーバーホール本来の強さも垣間見えます。

シンプルな個性だからこそ、使い勝手はいい。

だけど、それを使いこなすには、本人の力量も必要ということです。

分解・修復を経験させることで、恐怖心・忠誠心を植え付けることも可能だと思います。

実際、同じ経験をさせられたエリちゃんは、オーバーホールが手袋を取ろうとする仕草をするだけでトラウマになっています。

 

ヒーロー戦

デク、ルミリオンによって最終的に追いつめられたオーバーホール

自分の野望のために最終手段として、自分自身と部下の音本真を破壊して融合させます。

見た目はお世辞にもカッコいいとは言えませんが、いままで受けたケガ、疲労も修復しているというチートっぷり。

さらに、音本の個性「真実吐き」まで使えるようになっています。

ということは、いくらダメージを与えても、リセットできる。

その上、他の人を巻き込むことで、その人の個性も取り込める。

かなり厄介で、なおかつ攻略方法がなさそうな個性ですよね。

まあ、誰かと融合したあとは元に戻れなさそうなので、本当に最終手段みたいですが。

他にも、地面を分解して、棘状に修復してルミリオンに攻撃をしかけたり。

気絶しているクロノの頭を分解・修復してダメージを治してみたり。

こうしてみると、「オーバーホール」という個性は、攻守ともに優れているのはもちろんですが、使い手の治崎の頭脳、ポテンシャルあってこその強さだとも言えます。

 

まとめ

今回は、ヒロアカの個性「オーバーホール」についてまとめてみました。

治崎は個性を死穢八斎會、ヤクザ者の復権させるために駆使していました。

もし、人を救うヒーローとして駆使していたら…かなりのスーパーヒーローになれていたのにと残念な気持ちにもなります。

これからもいろんな個性が出てくるであろうヒロアカ。

これからも目が離せません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。