ワンピースの伏線が凄すぎ!ランキングで衝撃の強い順にまとめてみた!

ワンピース 伏線 凄すぎ

ONE PIECE(ワンピース)といえば、その張り巡らされた伏線の凄さでも話題の作品ですよね!

今まで回収されてきた伏線の中でも、凄すぎると多くの人達に衝撃を与えてきました。

今回はそんな凄い伏線をランキングにまとめてみましたよ!

これまでのやばい伏線にはどのようなものがあるのでしょうか?

見たら鳥肌が止まらないかも!?

というわけで今回はONE PIECE(ワンピース)の凄すぎる伏線をランキングにまとめてみました!

 

スポンサードリンク

ワンピースの凄すぎる伏線ランキング概要!

ランキングに入っていく前に、まずは今回のランキングの概要を見てみましょう。

今回のランキングは、ワンピースの作中で既に回収されている伏線を対象としています。

回収されたことで、これってこんな意味だったんだ!と衝撃を与えてくれた凄すぎる伏線をまとめてみましたよ^^

数々の凄い伏線が登場してきたワンピースですが、今回はその中から鳥肌ものの10個の伏線をまとめてみました!

尾田先生の頭の中がどうなってるのか気になっちゃうくらい、やばい伏線ばかりですよ~!

今回のランキングは独断と偏見で作成しているので、違った考えも多く出てくると思います。

確かにこんな伏線も凄すぎた!と思える伏線も出てくると思うので、一挙にご覧ください~^^

 

スポンサードリンク

ワンピースの凄すぎる伏線ランキング!

それでは早速ワンピースの凄すぎる伏線をランキング形式で見ていきましょう!

 

10位『覇王色の覇気は纏える!』


まず10位はワノ国のカイドウとの一戦で明らかとなった、覇王色の覇気が纏えるという事実についてです。

これまでも強者同士がぶつかりあった時に、触れることなく大きな衝撃波を生み出していましたよね。

これは覇王色の覇気同士のぶつかりだと思われていました。

でも、正しくは覇王色の覇気を纏ったもの同士のぶつかり合いだったんですね!

ルフィの更なるパワーアップにも繋がる伏線の回収で、四皇との戦いに必須ということの明らかとなりました。

 

9位『エースがくれた紙切れの正体』

9位はエースがくれた紙切れの正体です。

航海の途中で出会ったエースは、ルフィに紙切れを渡していましたね。

この紙切れがルフィとエースを引き合わせるということだけ伝えて、大切に持っておくよう伝えていました。

これがスリラーバーク編でビブルカードだと判明しました!

同時にエースの命がつきかけていることもこの時分かったわけですが…。

今や居場所だけでなく、安全を確認するための便利な手段となりましたよね。

ワンピースの世界版GPSのようなものでしょうか!

そう考えたら、紙1枚でその機能を果たすって凄いですよね^^

 

8位『ロジャーがポーネグリフにメッセージを残せた理由』

8位はロジャーがポーネグリフにメッセージを残せた理由です!

ロジャーが古代文字を操れたのかと思われてましたが、そうではなかったんですよね。

ワノ国出身の光月おでんが代わりに刻んだ文字だったということが判明しました!

光月家が代々古代文字を読み書きできる家系というだけでも衝撃を覚えましたよね…!

そんなロジャーとおでんの出会いは偶然のように思えて、必然だったのかも!?

おでんがいなければロジャーは海賊王になれなかったでしょうし、良い出会いだったのでしょうね^^

 

7位『コアラの正体』

続く7位はコアラの正体です。

現在、革命軍に所属していて、サボとはナイスコンビなコアラ。

でも、彼女は元々天竜人の奴隷だったことが判明しています!

魚人島の回想シーンで、フィッシャー・タイガーたちに無事両親の元へ送り届けられたのが描かれてましたね。

あの時の女の子がコアラだったとは…!と驚いたのを今でも覚えています^^

ジンベエとコアラもその当時面識がありましたし、今後再会する可能性も高そうですね!

 

6位『ガープとロジャーの関係性』

6位はガープとロジャーの関係性です!

ガープは海軍ですし、ロジャーは海賊。

何度も衝突し合っている敵同士なのは分かっていました。

でも、ロジャーは異常なほどにまでガープに信頼を寄せ、ルージュとエースのことを託していましたね。

これはガープとロジャーが共闘してロックス海賊団を倒した過去も関係していると思えます!

ただの敵ではなく、一度は手を組んだ相手だからこそ、本当の意味で信頼できたのではないでしょうか。

ガープとしては複雑かもしれませんが、ロジャーのことが嫌いだったわけではないのでしょうね~^^

 

5位『サンジの正体』

5位はサンジの正体です!

今までも「西の海出身」「Mr.プリンス」といった伏線を散りばめてきたサンジ。

扉絵でトランクケースに「THE SECRET」の文字があったこともありましたね。

そんなサンジの最大の秘密は、その正体にありました。

それは、ヴィンスモーク家の三男であり、ジェルマ王国の王子だということ!

麦わらの一味に王子が乗っていたとは…凄すぎますよね!

実際のところ王子といってもいいものではないことが明らかとなりましたが…。

それでも大きな衝撃を私達に残したことは間違いないでしょう!

 

4位『タイヨウの海賊団のシンボル』

4位はタイヨウの海賊団のシンボルです。

太陽の形の焼き印がみんな体のどこかに入っているんですよね。

これは元々、天竜人の奴隷の焼き印『天翔ける竜の蹄』を隠すために生まれたものでした。

初めてアーロンパークで見た時は天竜人の存在も知らず、なんとも思いませんでしたが…。

意味を知るとやばいですよね…。

 

3位『白ひげ海賊団の2番隊隊長』

3位は白ひげ海賊団の2番隊隊長に関する伏線です。

2番隊隊長といえばエースでしたが、エースが隊長になるまではずっと欠番だったんですよね。

それが誰だったのかとずっと話題になっていましたが…。

ワノ国の回想シーンから、光月おでんが2番隊隊長だったと判明しました!

ずっと欠番だったのは、弟分とかわいがっていたおでんの席を空けておきたかったからかもしれませんね。

でも、その大切な2番隊隊長のポジションがエースに譲られたことはそれだけ深い絆が生まれたからなのでしょう^^

 

2位『ブルックとラブーンの関係』

2位はブルックとラブーンの関係です!

偉大なる航路の入り口で、ずっととある海賊団の帰りを待っていたラブーン。

そのとある海賊団というのが、ブルックが所属していたルンバ―海賊団だったんですよね!

ブルックとラブーンの関係が線で繋がった時はブワッと鳥肌が立っちゃいました…!

ブルックが号泣するのも無理はありませんよね。

偉大なる航路を制覇し、1周してラブーンと再会できる日が本当に楽しみです^^

 

1位『ラフテルの名前の由来』

それではいよいよ1位の発表です!

1位は…ラフテルの名前の由来です!

105話でクロッカスから初めて明かされた最後の島『ラフテル』

この名前、実はロジャーが命名したものだったんですよね。

ラフテルを見たロジャー海賊団のメンバーは全員涙を流して大笑いしていました!

そのことから、ロジャーが付けたこの島の名前が『ラフテル(Laugh Tale)』だったんです。

日本語に訳すと『笑い話』ですね!

そんな意味があったんだ!と思いますよね~。

この伏線は967話で回収されたので、回収までに862話かかっています。

凄い…壮大すぎて凄すぎる!

この名前の由来の伏線が回収されたところで、笑い話になる大秘宝って一体…?と思っちゃうわけですがw

伏線が伏線を呼ぶワンピース!

これからどんな伏線が回収され、どんな衝撃を与えてくれるのでしょうか!?

楽しみですね^^

 

スポンサードリンク

まとめ

今回はONE PIECE(ワンピース)の凄すぎる伏線ランキングをご紹介しました!

まだまだ解き明かされていない謎も多いワンピース。

でも、今回ご紹介した伏線だけでも、尾田先生が凄いということが伝わってきますね^^

衝撃的で、明らかとなった時には感動したり、鳥肌が止まらないことも!

それだけやばい伏線がONE PIECE(ワンピース)には散りばめられているというわけです!

これから先の展開からも目が離せませんよ~!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。