ワンピースの死亡キャラ一覧!今後死ぬキャラも予想してみた!?

大人気少年漫画ONE PIECE(ワンピース)。

1997年から続く超長期連載漫画ですが、実はその長い連載期間の中でキャラクターが死亡したのは2010年のエースが初めてと言われています。

過去編で亡くなるキャラクターはいたものの、物語中のリアルタイムでキャラクターが死亡したのは連載が始まってから10年以上経過してからとなりますね。

実はこの長期間の連載の割りに、死亡する主要キャラクターが少ないのは有名です

そんなにも死亡シーンが少ない中で一体どんなキャラが死亡したのか、気になりますよね。

ということで、今回はONE PIECE(ワンピース)の死亡キャラを一覧でまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ワンピースで死亡したキャラは少ない?

ストーリーのリアルタイムで死亡したキャラクターはかなり少ないとされています。

しかし、それぞれのキャラの過去編で亡くなったキャラは結構います

ですが物語進行上、確実に亡くなったのが明確になっているのは実は三人しかいません

次の項目では死亡キャラを一覧にしてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

ワンピースで死亡したキャラ一覧!

以下では主要キャラ歴史上名を残したキャラ現在活躍中キャラの関係者の三つの項目に分け、死亡した状況や原因を含めまとめました。

 

主要キャラ

  • ポートガス・D・エース
  • エドワード・ニューゲート
  • 霜月康イエ

物語にかなり大きな影響を与えたとされる死亡キャラです。

この三人は死亡した状況と墓標が両方とも描写されており、確実に死亡した主要キャラです

 

ポートガス・D・エース

まずは、頂上戦争で海軍大将『赤イヌ』に胸を貫かれて死亡したポートガス・D・エース

主人公ルフィの兄です。

エースは海賊王の実の息子であることを理由に海軍に捕まっていました。

物語進行上のリアルタイムで死亡した初めてのキャラクターと言われています。

 

エドワード・ニューゲート

そして、白ひげ海賊団の船長エドワード・ニューゲート

彼もエースと同じく頂上戦争で死亡しました

受けた砲弾や刀傷等は夥しい量でしたが、一切の逃げ傷なしとは白ひげの強さを物語っています。

四皇の一人である白ひげは間違いなく主要キャラクターですね。

 

霜月康イエ

主要キャラの最後は、ワノ国・白舞の元大名であるトの康こと霜月康イエ

オロチに民衆の前で公開処刑として銃殺されてしまいました

霜月家はゾロとかなり関係の深い名前ですので、こちらもかなり主要なキャラクターです。

 

歴史上名を残したキャラ

それでは、歴史上に名を残したキャラたちを紹介していきましょう。

  • ゴール・D・ロジャー
  • フィッシャー・タイガー
  • オトヒメ
  • ゼファー

物語進行上で亡くなったキャラは上記三名でした。

こちらでは歴史上その死が世界的に影響を及ぼしたキャラをご紹介します。

 

ゴール・D・ロジャー

まず1人目は、ゴール・D・ロジャー

海賊でなくてもその名を知らない者はいないと言われるほどの人物です。

大海賊時代は彼の死ぬ間際の言葉で始まったと言われています。

ロジャーは海軍に捕まりローグタウンで処刑されたとされていますが、実は病気で既にその命は短かったというのは関係者のみが知っている事実でした。

 

フィッシャー・タイガー

2人目は、タイヨウの海賊団初代船長のフィッシャー・タイガー

「人間から輸血を拒まれ死亡した」と噂が流れていましたが、真実は人間の血を体内に入れることを拒んだため死亡したようです。

航海の途中で捕まり一時期奴隷だった過去から、どうしても人間を許すことができず死を選んだタイガー。

タイガー自身の希望により、死亡した本当の理由が伝わる事はありませんでした。

 

オトヒメ

3人目は、リュウグウ王国王妃、人魚のオトヒメ

彼女は魚人と人間との関係修復を亡くなるその瞬間まで願っていました。

死亡当時は人間がオトヒメを銃殺したとされていましたが、彼女の思想に反発していたホーディにオトヒメは殺されたことが明らかになっています。

 

ゼファー

4人目の最後は、映画のキャラですが全ての海兵を育てた男と言われる元海軍大将ゼファー

ルフィとの戦いの末、最後はルフィたちを逃し一人海軍に立ち向かい死んでいきます

当時海軍大将であったクザンやボルサリーノが「先生」と呼ぶ男でした。

 

過去編で死んだキャラクター

  • くいな(ゾロの幼なじみ)
  • ベルメール(ナミの育ての母)
  • バンキーナ(ウソップの母)
  • Dr.ヒルルク(チョッパーの育ての父)
  • ニコ・オルビア(ロビンの母)
  • トム(フランキーの育ての父)
  • ポートガス・D・ルージュ(エースの母)
  • ドンキホーテ・ロシナンテ(ローの育ての親)
  • スカーレット(レベッカの母)
  • サッチ(元白ひげ海賊団四番隊隊長)

上記は、現在物語内で活躍しているキャラと関係の深かった死亡キャラです。

彼らは過去編で死亡が確認されています。

 

くいな

まずは、ゾロの幼なじみであるくいな

ゾロと「どちらが先に世界一の大剣豪になれるか競争する」と約束をした翌日、自宅の階段から落下し亡くなりました

現在ゾロが使用している和道一文字はくいなの形見の刀です。

 

ベルメール

次にナミの育ての親であるベルメール

アーロン一味から大人一人10万ベリー、子供一人5万ベリーを支払うよう言い渡された際、ナミとノジコの「子供二人分10万ベリーしかない」と言い切り銃殺されました

元海軍で、戦場から連れ帰ったナミとノジコを本当の娘のように育てていました。

 

バンキーナ

そしてウソップの母親

ウソップの父親であるヤソップが航海中に母親は病気で亡くなりました

 

Dr.ヒルルク

こちらの人物はチョッパーを息子と呼び、「トニートニー・チョッパー」と名を与えた医者Dr.ヒルルク

国中からヤブ医者と批判され続けていましたが、騙されても病人がいないと分かると涙を流して安心する心優しい医者でした。

チョッパーが薬と勘違いして自分のために採ってきた毒キノコのスープを飲み干し、スープのせいでは死なないとワポルの城で爆薬を飲み自害しました。

 

ニコ・オルビア

そしてオハラの生き残りであるニコ・ロビンの母親ニコ・オルビア

「知りすぎた」ことを理由にバスターコールで地図から島ごと消され、学者たちだけでなく全島民が抹消されました

 

トム

こちらの人物はフランキーと関わりが深いですね。

ウォーターセブンの交通手段として現在も使われている海列車を造った人物、トムさん。

スパンダムにより悪用されたフランキーの船で重傷を負い、そのままエニエス・ロビーへ連行されました。

その後明確な描写はありませんが、フランキーたちから刑が実行されたことを思わせる言葉が出ています

 

ポートガス・D・ルージュ

次に紹介するのは、ゴール・D・ロジャーの妻であり、エースの母親ポートガス・D・ルージュ

ロジャーの関係者狩りをする世界政府からエースを守るため、20ヶ月もの間エースを出産せず胎内に宿していました

政府の目を盗みエースを出産したものの、それが原因となりその後死亡しました。

 

ドンキホーテ・ロシナンテ

そして、元七武海でありドレスローザ元国王のドンキホーテ・ドフラミンゴの弟ドンキホーテ・ロシナンテ

海軍のスパイとして兄を見張り中にローと出会い、病気を治すため行動を共にしていました。

しかし、ローを逃すためドフラミンゴと対峙し銃殺されました

 

スカーレット

続いては、ドレスローザ国王の娘であり、レベッカの母親スカーレット

幼いレベッカにねだられ食料を買いに街へ行ったところ、ディアマンテに銃殺されました

 

サッチ

最後に紹介するのは、元白ひげ海賊団四番隊隊長サッチ

悪魔の実を狙うティーチに殺されてしまい、それが頂上戦争の発端となりました

 

スポンサードリンク

ワンピースで生存不明なキャラは?

既に死亡が確認されているキャラは前述の通りですが、現在死亡しているかどうか定かでないキャラが数名います。

そちらを以下でご紹介していきます。

 

死亡記事が出たとされる『サボ』

1人目は、革命軍のサボ

一度は死亡したと思われていたサボですが、革命軍・ドラゴンにより命を救われていました。

その後ドレスローザでルフィと感動の再会を果たしていましたが、モルガンズが発行した新聞でサボの死亡を示唆する記事が出たようです。

ですが、まだサボの生死は全くの不明です。

 

敵を巻き込み自害したミンク族の『ペドロ』

2人目は、ミンク族のペドロ

麦わら一味をワノ国へ送り届けるため、ビッグ・マム海賊団の一員であるペロスペローを巻き込み自爆しました

本編ではお墓の描写もあったので死亡説が濃厚である可能性が高です。

ですが、アラバスタ編で巨大爆弾の爆発に巻き込まれたペルーが生存しています。

死体が見つかっていない以上、生きている可能性もゼロではなさそうです

 

カイドウに首を落とされた『オロチ』

3人目の最後は、ワノ国将軍、黒炭オロチ

オロチの死んでいない説は結構有名ですよね。

かなり希少な悪魔の実の能力者の割には呆気なく殺されすぎており、まだ生きているのではないかという説が多く見られます。

カイドウに斬られたオロチはカン十郎の絵ではないかという説もあります。

 

スポンサードリンク

ワンピースで今後死ぬキャラもいる!?

現在はまだ生きていますが、死亡説が出ているキャラも複数いるようです。

理由があるものはその理由も併せて以下にまとめました。

今後死ぬキャラはいったい誰なのでしょうか!?

 

なぜか多く見られるゾロの死亡説

麦わら海賊団のゾロ

ゾロの死亡説は意外と複数存在します。

死亡する明確な理由は出ていませんが、仲間を守って死んでしまうのではないかという説があるようです。

 

シャンクスが最終回で死亡!?

赤髪海賊団の大頭、赤髪のシャンクス

シャンクスはルフィの麦わら帽子の本当の持ち主です。

第一話から関わりがあるキャラですが、それゆえに何か大きな秘密を抱えている可能性は非常に高そうですね。

何かしらの理由があっての死亡説はあり得なくもなさそうです。

 

あのドラゴンですら焦りを感じているサボ死亡説

先ほども紹介しましたが、現在生死不明であるとされているサボ

世界的なニュースで死亡説が出たような描写がありました。

革命軍の企みでのフェイクニュースであれば、イワンコフやドラゴンが驚くのは不自然です。

サボ単独で何か企みがあるのか、はたまた本当に死亡ニュースなのか。

今後どういった状況になっていくのかを待つのみです。

 

スポンサードリンク

まとめ

さて、今回はONE PIECE(ワンピース)死亡キャラを一覧にまとめてご紹介しました。

こうしてみると20年以上の長期連載で、死亡した主要キャラが三名ほどというのはかなり少ないのが分かりますね。

エースと白ひげの死については、本編で墓標の描写があって尚、フェイクなのではないかという憶測も飛び交っていました。

二人の死はワンピースの物語史上最大の出来事でした。

そうなると、オロチに殺された康イエにもかなり大きな秘密があるのではないでしょうか。

ゾロの死亡説も、霜月という名前からの関係性で出ているのかもしれません。

ワノ国編もかなり佳境に入っています。

今後の展開が楽しみですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。