呪術廻戦メカ丸の最後の死亡シーンが泣ける!生きてる可能性はある?

今回は呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)に登場するメカ丸について書いていきたいと思います!

呪術高専京都校二年のメカ丸。

姉妹校交流編では、パンダ先輩との白熱した戦いがアニメでも描かれていましたね!

真人との戦闘シーンは、鬼気たる迫力がありました!

特殊なキャラクターが多い呪術廻戦の中でも異質でメカで戦うキャラクターです。

そんな白熱した戦闘シーンが描かれていますが泣けるシーンも魅力の一つです。

しかし、悲しいことにメカ丸は死亡していましました。

メカ丸の最後のシーンは、誰しもが感情移入をし涙を流したはずです…。

ということで、今回は呪術廻戦のメカ丸の最後のシーンのまとめとメカ丸が生きている可能性について考察してみました。

 

スポンサードリンク

メカ丸の死亡シーンが泣けると話題!

今まで登場している登場シーンがあまりなかったメカ丸。

最後の死亡シーンは、読んでるものとしてかなり感動しましたよね!

呪術高専京都校のみんなに会ってほしい!

と誰しもが思ったはずです。

そんなメカ丸の死亡シーンについてまとめてみましょう。

 

スポンサードリンク

メカ丸の死亡までの流れを解説

メカ丸の死亡までの流れを簡単にまとめてみました!

まず初めに真人の術式無為転変(むいてんぺん)により身体を元に戻してもらいました。

どんな攻撃を受けても効かない真人。

そんな真人にも臆さず立ち向かうメカ丸。

そして真人の自閉円頓裏により、メカ丸は簡易領域で対抗するもやられてしまいましたね。

いい勝負だと思っていたのですが真人いわく、全て計算という儚い結果に終わってしまいましたね!

 

スポンサードリンク

メカ丸はまだ生きてる説も?

真人との戦闘により敗北をし、死んでしまったメカ丸。

ですが最後は意識だけ残っていましたよね!

なのでもしかしたら、メカ丸はまだいきている可能性も!

ということで、メカ丸の生きている可能性を考察してみたいと思います。

まずは、生存している理由から見ていきましょう!

生存していると思う理由は2つ考えられます。

 

真人との戦いで呪力9年分と簡易領域が残っている

真人の呪術『無為転変』により元の姿に戻ったメカ丸ですが。

真人と戦う時にメカ丸を縛った年月、それで得た呪力によりメカ丸は一時的に強くなりましたよね!

その時に出し惜しみはしないと考えていました

夏油傑との戦いに備えていたとしていても呪力9年分と簡易領域1本分を残していたので伏線なのでは!?

と考えています。

もしかすると残りの呪力で生存している可能性もあると考えています。

 

死亡した後ミニメカ丸が登場

メカ丸の本体与幸吉死んだあとミニメカ丸が登場していましたよね!

万が一の事に備えて保険をしっかりかけていました。

先の戦いを見据えてしっかりと保険をかけているキャラクターなので、他の保険で生存ルートがあるのではないでしょうか。

と思い生きてる可能性があると考えています。

 

スポンサードリンク

メカ丸の最後は何巻

縛られていない体を手にしたメカ丸ですが10巻82話で真人に倒されます。

もし、再度登場して本当の最後を迎えるとしたら、語呂が38がつく巻、もしくは話で最後を迎えるのではないか!?

とも思っています。

単純に三輪(みわ)という語呂で考えただけですがね!

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)のメカ丸の最後と生存説についてまとめました。

メカ丸も不幸な人生をおくっただけあって死んでほくないという思いがあります。

生身の体を手にしてすぐに人生の最後を迎えたのか。

それとも今後も登場するのか。

気になりますよね!

今後、メカ丸が再登場することを祈って呪術廻戦を読んでいきたいですね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。