伊黒小芭内(いぐろおばない)の蛇の名前は?由来も考察してみた!

鬼滅の刃伊黒小芭内(いぐろおばない)はいつも蛇を連れています。

初めて伊黒さんが登場した時からずっと肩にいましたね!

真っ白の可愛い蛇さんです!

あの蛇さんの名前を知っていますか?

鬼滅の刃の伊黒小芭内(いぐろおばない)の蛇について今回はご紹介したいと思います。

 

【鬼滅の刃】伊黒小芭内の蛇の名前は「鏑丸」

全身真っ白で目は赤くてとっても素敵な容姿してますよね!!

白蛇その希少性から縁起のいい動物として知られているのをご存知ですか?

どうやら白蛇は富をもたらすものとして有名なんです!

それだけでなく“水神”としても有名なんだとか!!

みなさん、お気づきになりましたか?

蛇の呼吸は、水の呼吸からの派生でしたね!

そういう意味であの容姿なのかな~なんて思いました。

 

【鬼滅の刃】伊黒小芭内の蛇の名前の読み方は?

伊黒さんの蛇さんの名前は鏑丸(かぶらまる)と読みます!!!

振り仮名無いと読みにくいですけどね…。

クールな印象を受ける蛇さんなので名前も似合いますね!

〇〇丸って名前も作品の時代背景を考えるとかっこいいですし!!

出会った生き物に名前を付けてずっと一緒なんてすごいですよね…。

愛情というか友情というか、そういうものを感じます。

 

【鬼滅の刃】伊黒小芭内の蛇の名前「鏑丸」の意味は?

鏑とは、鏑矢のことを指しているのかな~と個人的には思っています!

鏑矢とは戦国時代の戦場で使用されていた矢になります。

射放つと音が出ることから、鏑矢は戦国時代の当時、「合戦の始まりを周囲に知らせる」という役割があったそうですよ。

伊黒さん自身も「もともと右目が弱視でほとんど見えていない」と言っていましたし…。

戦場(鬼狩り時)において鏑丸は「相手の攻撃を伊黒さんに教える」役割があったのかなと思います。

アニメや漫画で見る限り、鏑丸は伊黒さんの右側にいますし。

初めて出会ったとき、自分の右目のような存在になってほしいと思って名付けたとしたなら涙腺崩壊ですね…。

まさに一心同体。

伊黒さんと鏑丸のためにあるような言葉ですね。

 

まとめ

今回は鬼滅の刃伊黒小芭内の蛇の名前や意味などを考察して書かせていただきました!

生き物そのものが持つ意味や信仰されてきたこと漢字の意味を調べてみると想像が膨らみますね。

こういう感じだったら…とか想像すると嬉しくなったり悲しくなったり感情移入できて楽しいですね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。