ワンピースの覇気はいらない!?つまらないと言われる理由まとめ!

ワンピース 覇気 いらない

ONE PIECE(ワンピース)も多くの強敵がルフィたちの前に立ちはだかっていますね!

そんな中でひそかに上がっているのが、覇気がいらないという声です。

覇気が出てからつまらないと感じるようになったという噂があるんですよね。

なんでも、覇気は後付け設定なんじゃないかという声もあるようなんですが…。

後付けじゃないと思いたいところですが、どうなんでしょうね?

今回はONE PIECE(ワンピース)覇気がいらないと言われる理由について見ていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

ワンピースの覇気がいらないと話題!?

ワンピースと言えば、ルフィが海賊王になることを夢見て仲間たちと航海する物語ですよね!

夢がたくさん詰まっていることや、感動シーンも多く、幅広い世代に人気の作品となっています^^

そんなワンピースですが、頂上戦争後に登場した覇気についての話題があるんです。

それは、覇気はいらないと言われていること!

覇気と言えば、新世界では使えて当たり前というくらい、多くのキャラが使える力ですよね。

今ではお決まりのようになっている覇気ですが、この覇気が登場してからつまらないという声が上がっているんです。

何でも後付けなんじゃないかと言われているんですよね。

では、なぜ覇気がいらないと言われているのでしょうか!?

その理由を見ていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

ワンピースの覇気がいらないと言われる理由って?

それでは早速ワンピースの覇気がいらないと言われる理由について見ていきたいと思います!

 

悪魔の実の良さが半減してる!

まずは、覇気の登場により、悪魔の実の良さが半減しているという点です。

悪魔の実は東の海では非常に珍しく、能力者はごくわずかでしたよね。

そのため、能力者はかなり強い存在であることが多くありました。

ワンピースの醍醐味も、この悪魔の実の能力を楽しむところにありましたよね。

ですが、覇気の登場により、それが変わってきました!

覇気の使い手であれば、能力者にも勝つことが可能になったんですよね。

半分以上が能力者ではない麦わらの一味にとっても、覇気は必要な力とも言えますが…

覇気の登場によって、悪魔の実の良さが薄れてしまったような気はしてしまいますね^^;

 

覇気の登場で複雑になった!

さらに、覇気の登場により、物語が複雑になったとも言われています。

覇気に関しては、今までにない力だったため、説明シーンが多くなるんですよね。

ワノ国編では覇気を纏うという新たな使い方も登場し、なお複雑化してしまいました。

単純に悪魔の実の力を楽しんでいたことより、戦闘シーンが難しくなってしまったんですよね。

そのことでつまらないと感じている人も少なくはないようです。

 

覇気は後付けの設定!?

覇気がいらないと言われている理由には、覇気は元々ない後付けの設定なのではないかと言われているからでもあります。

確かに初期の頃って、強キャラで誰も覇気を使ってませんでしたよね。

今や四皇のシャンクスですらです!

他にも覇気を使っていなかったキャラは多くいて、疑問を呼んでいます。

そのことから、覇気は悪魔の実の能力者に対抗するための後付け設定と言われているんですよね^^;

 

スポンサードリンク

ワンピースの覇気の魅力を語ってみた!

いらない・つまらないと言われている覇気ですが、魅力もたっぷりあるんですよ!

今度は覇気の魅力に迫っていきたいと思います!

 

強敵も倒せるようになった!

まずは覇気が出てきたことで、強敵も倒せるようになったということです!

麦わらの一味だってルフィが一番強いですが、ゴムの能力だけでは限界がありますよね。

それこそ大幅なパワーアップができなければ、四皇に勝つなんて夢のまた夢です。

ゾロやサンジもかなり覇気を極めていますが、能力者じゃない彼らにすれば覇気はよりなくてはならないものでしょう。

カイドウやビッグマムなんて、仮に覇気が使えなかったとしても最強でしょうから…。

強い敵に挑んでいく以上、覇気はなくてはならない存在と言えそうです^^

 

覇気の使い手を予測する楽しみもある!

さらに、誰がどの覇気を使えるか予測するのも楽しいですよね!

今で言えば、ゾロは覇王色の覇気を使えるのかどうか気になるところです!

麦わらの一味の中にも、まだ覇気が使えないメンバーが多くいます。

彼らが今後何かしらの覇気を会得するのかどうかも気になりませんか!?

使えるようになるとすれば、誰かから教わるのか、それとも自然に目覚めるのかも気になっちゃいますね^^

 

覇気は後付けじゃない!?

最後に1つ魅力とするなら、覇気は後付けじゃない可能性もあります。

海軍や四皇、世界政府など、大きな壁がルフィの前には立ちはだかってますよね。

東の海では割とすんなり勝ってきましたが、2年前でも偉大なる航路ではギリギリな戦いをしてきました。

まだまだストーリーは続いていくのに、悪魔の実の能力だけでは到底かないそうにありませんよね!

ただでさえ全員が能力者ではないわけですし。

悪魔の実にだって相性や、強さはありますからね。

それを補うためには覇気は必須となります。

そう考えると、覇気は後付けではなく、元々後半に出すつもりの力だったのではないでしょうか!?

強敵に立ち向かうためのルフィたちのパワーアップとして、尾田先生が隠し持っていた秘密の力なのかもしれませんね^^

 

スポンサードリンク

まとめ

今回はONE PIECE(ワンピース)の覇気がいらないと言われる理由についてみてみました!

覇気がいらないと言われているのは、覇気が出てからつまらないと感じるようになった人も多いためのようですね。

確かに、覇気の強さが目立って、悪魔の実の良さが薄れて感じられることもあります。

ですが、覇気があるからこそ、ルフィたちは強敵相手に勝っているんですよね!

悪魔の実の能力や、個人の力だけではここまで進むことはできなかったでしょう。

後付けという声もありますが、覇気は後付けじゃない、尾田先生の隠し玉だったのかも!?

今後覇気が物語の中でどう影響していくのか、注目していきたいですね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。