【鬼滅の刃】冨岡義勇の姉との過去とは!?錆兎と最終選別を受けてた!

鬼滅の刃の冨岡義勇には姉との悲しい過去がありました。

柱のメンバーには、家族を亡くしていたりと悲しい過去を持っている方が多いです。

そんな義勇もその一人、過去に姉を亡くしています。

一体どんな過去だったのでしょうか?

義勇さんと姉との過去話にすこしだけお時間ください。

それでは、鬼滅の刃・冨岡義勇の姉との過去や姉さんの名前、何巻に載っているか解説していきます!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】冨岡義勇の姉との過去が悲しい!?何巻何話?

義勇さんとお姉さんの過去ですが、何巻の何話に載っているかというと…

15巻131話に1コマだけ描かれていました。

それもお姉さんの顔だけ。

過去について詳しくは公式ファンブックに載っていますよ。

彼女は義勇の実の姉で、義勇の唯一の肉親でした。

彼女と義勇の過去は他の隊士たちのように悲しく、悔しい思いをするような過去なんですよ…

誰が一番悲しい過去なのかを言い始めたらキリが無く、皆等しく悲しい過去を持っているんです。

それを踏まえた上で今回は蔦子姉さん義勇さんの過去話を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】冨岡義勇の姉とは?名前は「蔦子」!

義勇さんのお姉さんの名前は蔦子(つたこ)と言います。

なお、お姉さんについて鬼滅の刃の中で、部分的に回想されたことはありましたが物語のような形ではありませんでした。

性格等の詳しい情報は出ておらず、容姿と名前のみ判明しています。

蔦子姉さんが鬼に殺されたのは、婚礼の前日

そう、結婚の前日に殺されてしまったんです。

鬼滅の刃の時代背景は大正時代でしょうから…18~20歳くらいでしょうか?

後に少し成長した義勇さんを見る限り、歳の差は5、6歳くらいなのかな?と思います。

優しそうなほんわかした雰囲気を持つ、Theお姉ちゃんって感じの女性です。

きっと蔦子さんが生きていたら義勇さんも元気で可愛い笑顔をたくさん見せてくれていたでしょうね…

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】冨岡義勇は姉を目の前で殺された過去が!?

鬼殺隊士の殆どが鬼に大切な人を殺された過去を持っていると思います。

炭治郎蟲柱・胡蝶しのぶ風柱・不死川実弥なども同じように大切な人を鬼に奪われ鬼殺隊に加入していましたよね。

恋柱・甘露寺蜜璃はそうではないようですが。

今回の話題の主役である冨岡義勇もまた、その一人なのです。

ではその過去をどうぞ↓

 

不幸は突然に…

彼は幼いころに病気で両親を亡くしており、その後は病死した両親の遺産で蔦子と二人暮らしをしていました。

そんな二人の暮らしを壊したのが、鬼。

姉の蔦子は鬼から義勇を守り、隠し、義勇の見える場所で鬼に殺されてしまいます。

悲しいのはそれだけでなく、蔦子は翌日に婚礼を控えていたのです。

 

義勇、やばいやつ扱い

義勇は駆け付けた周囲の人間に「蔦子は鬼に殺された」と言ってしました。

周りの人はそんなこと信じるわけもなく…

蔦子を殺されたことで心の病にかかってしまったと思われてしまったんです。

それ故、遠方の医者をやっている親戚の元へ連れていかれることとなりました。

 

鱗滝さんとの出会い

ですがその道中に義勇は逃げ出しました。

逃げ出した先で鱗滝の知人の猟師と出会い、鱗滝に弟子入りすることになっています。

後に義勇は何年も「蔦子の幸せを奪ったのは自分だ、自分が死ねばよかった」と自身を攻め続けていました。

 

スポンサーリンク

まとめ

さて今回は鬼滅の刃義勇の姉との過去と姉の名前とは!?

何巻何話に載っているか

ということに関して書かせていただきました。

思いのほか義勇さんが溜め込むタイプってことがわかりましたね(笑)

でもやっぱり鬼滅登場人物には多く見られる悲しい過去だったと思います。

蔦子姉さんに関しては作中でも多く触れられてはいませんでしたが、だからこそ想像できる義勇さんと蔦子姉さんの姉弟の形もあって…

義勇さんの可愛い弟姿を想像して私の頭の中が楽しいことになってます(笑)

義勇さんにはこれから先、蔦子さんに守られて大切にされていることを忘れず、水柱として強く活躍していってほしいですね!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。