【鬼滅の刃】不死川玄弥は鬼食いの能力!呼吸の代わりに鬼血術を使える!?

今回は鬼滅の刃不死川玄弥の能力について書いていきたいと思います!

不死川実弥の弟である玄弥は、炭治郎たちと同期でしたね!

普段は岩柱と行動を共にしているようですが…

そんな玄弥の特異体質玄弥自身のコンプレックスについて少し詳しく解説していきます。

ではまずは玄弥の能力について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【鬼滅の刃】不死川玄弥の鬼食いの特異体質とは!?

彼は鬼殺隊の中でもめちゃくちゃ珍しい特殊な体質をしていました。

どんな体質なのでしょうか?

説明していきます!

 

鬼食いで鬼の体質になる!?

玄弥の特異体質で、並外れた咬合力と消化器官の持ち主です。

なんと、鬼の一部を食らうことで一時的に鬼の体質になることができるのです!

具体的には、

  • 肉体的の強化
  • 驚異の回復力

という効果があるようですね。

 

血鬼術は使えない?

鬼の体質になるなら、血鬼術も使えるの?

という疑問が出てくると思います。

基本的には、使えないようですね。

ただ、黒死牟との戦いで使っている場面もあるので、覚醒したことによって使えるようになった可能性もあります。

 

体に相当な負担がかかる

鬼食いによって強靭な力を得られる代わりに、デメリットもあります。

当然ながら玄弥の体にも相当な負担がかかるようですね。

定期的に「蝶屋敷」で健康チェックを受けているようです。

 

スポンサーリンク

 

【鬼滅の刃】不死川玄弥は呼吸を使えない代わりに鬼食いをする?

不死川玄弥は、風柱・不死川実弥を兄に持つめっちゃ強い人!!

と思いきや、鬼殺隊でありながら全集中の呼吸を使えません

これが冒頭でも書かせていただいた追い詰められてしまうほどに強いコンプレックスです。

「鬼殺隊ながら全集中の呼吸を使えない」というその焦りからか、精神的に追い詰められて鬼を食べてしまいます!

その時に自身の特異体質に気づいたようですね。

そんな玄弥は本編で登場した人物たちの中で唯一、飛び道具である銃を使用していました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】不死川玄弥は血鬼術を使えるのか?

彼は鬼を食べて肉体的に強化され、驚異の回復力を見せていました。

「鬼を食べて強くなるなら、血鬼術も使えるの?」と、思いますよね。

174話までは一度も血鬼術を使用したことはないので、使えなかったと思います。

 

黒死牟戦で血鬼術を使った!?

先ほど玄弥は血鬼術を「使えなかった」と書いた理由です。

上弦の壱・黒死牟との戦いで黒死牟の折れた刀を食べた後、血鬼術を見せています

玄弥の使用していた銃は黒死牟のようにたくさんの目がついている姿に変わり、少し怖いですね…

この銃から放たれた弾を黒死牟は避けたはずなのに、弾は軌道を変え黒死牟に当たります

軌道を変えられたのは、銃にたくさんついていた目の効果なのでしょうか?

その後、黒死牟に当たった弾は芽を生やし成長していきました。

玄弥の血鬼術で黒死牟は動けなくなり、頸を落とされ戦いは終結しました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】不死川玄弥の血鬼術の技

不死川玄弥の血鬼術の技を紹介していきます!

 

木の幹を生やし動きを封じる

玄弥が使った血鬼術の技とは、着弾した個所から太い木の幹を生やし敵の血を吸い上げ動きを封じるというもの。

殺傷能力は低いと思われますが、鬼を捕縛する場合や味方が複数いる場合のサポートには適している能力だと思います。

玄弥が血鬼術を見せた場面では、風柱・霞柱・岩柱が戦っていたので玄弥の血鬼術でとても有利な場面になったのではないでしょうか。

そのおかげか、黒死牟を討つこともできていました!

 

半天狗の血鬼術を使っている?

玄弥の血鬼術を見て「あれ、これって…」となった読者も多いのではないでしょうか。

刀鍛冶の里を襲撃した半天狗の血鬼術を彷彿させる技でしたね。

鬼舞辻無惨の血の濃い黒死牟の刀を食べたことにより無惨の記憶の声も聞こえていましたし、玄弥自身が鬼にとても近づいたことで血鬼術を使えるようになったのかもしれません。

着弾した個所から木を生やしていたり敵の血を吸い動きを封じているため、半天狗の血鬼術と似てはいますが、半天狗のものとは違いますね。

過去に食べたことのある鬼の血鬼術を使用できるのではないか?とも思いますが…

放たれた弾の軌道が変わったのも血鬼術の一部と考えるとやはり玄弥自身の血鬼術だという方が納得できるなあと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、鬼滅の刃不死川玄弥の能力について書かせていただきました。

いかがだったでしょうか?

いろいろ憶測の飛び交う玄弥の血鬼術ですが、黒死牟と戦っている場面で柱たちに勝ってもらうために目覚めた技だったのでサポート特化していたのかなと思います。

強くなりたいとか勝ちたい、そんな強い思いが血鬼術を目覚めさせるのかな…とか思いました。

必ず当てなきゃならない弾が軌道を変えてまで当たり、黒死牟の動きを封じるために大きくなった木。

血鬼術にかけた玄弥の「守りたい。勝ちたい。」という思いまで聞こえて来そうな技でしたね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。