【ヒロアカ】オールマイトは最後について考察!死ぬのは確定!?

「僕のヒーローアカデミア」通称、ヒロアカ。

舞台も製作がまた決定し、アニメ4期もスタートしてますますこれからの展開が気になるところですね。

その中でも、平和の象徴として活躍していたオールマイトの最後が気になるところ。

 

大怪我を負ってもなお、ヒーロー活動を続けるタフネスな一面を持つ彼。

ナイトアイの予知によると凄惨な死を迎えるようですね?

予知が外れた前例はないですし、死柄木側は勢力拡大してましたよね?

心なしか、最近のオールマイトを見ると余計に痩せてきているように感じるので心配….。

 

ということで、今回は「ヒロアカ」オールマイトの最後について考察していこうと思います!

それではどうぞ!苦しい!

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】オールマイトは最後死ぬの!?

え、平和の象徴であるオールマイトが死ぬって本気で言ってる?本当?

相棒(サイドキック)だったナイトアイの予知によって、確定されてるって?!

しかもその予知は外れた前例がない?それってほんとなの??

そこまで言うなら根拠出しなさい!出していきましょう…。

ということで、何がオールマイトの最後が「」に繋がる可能性があるのか見ていきましょう..!

 

【ヒロアカ】オールマイトが最後に死ぬ根拠や伏線は?

オールマイトの死については、度々見せる吐血姿で時折頭に過りますよね。

いや、過りたくないんですが、襲撃時に受けた傷やトゥルーフォームを見ると思わざるを得ないです。

信じたくないのが正直な気持ちです。

ですが、物語の中でいくつかオールマイトの最後が死であることを信憑づけてしまう事由があるのも否定できません。

 

サー・ナイトアイの個性「予知」

オールマイトはサー・ナイトアイ相棒(サイドキック)として迎え入れ、5年ほど共に活動していました。

サー・ナイトアイの個性は予知

対象者の体に触れ目線を合わせることで、その者の行動を先行して見ることができます。

6年前コンビを解消する直前、オールマイトの大怪我を機にナイトアイは、オールマイトの未来を見てしまいます。

結果、このままいけば、敵と対峙し言い表せようもない程…凄惨な死を迎えるということを伝えていました。

オールマイトの大ファンなんですよね、ナイトアイ。

苦しい未来を見るだけでも辛いのに、これ以上苦しんでほしくないから伝えたのに拒絶されてします。

ナイトアイの最後を思うと悲しくてなりませんね。

遠い未来程、時間に誤差が生じるようですが、予知で見た光景は変えられたことがないようです。

予知の内容は6~7年後の話ですが、コンビを解消したのが6年前。

近い未来予知通りになる結末が訪れる可能性があります。

 

死柄木の個性「崩壊」の強化

24巻で死柄木弔が率いる敵(ヴィラン)連合とリ・デストロが率いる異能解放軍の壮絶な戦いが見られました。

異能解放軍と戦う中で、死柄木の個性はより強固なものとなりました。

段々、死柄木の描かれ方も変わってきて、余計に恐怖を感じるんですよね。

神格化しているようにも感じられる描かれ方をしています。

死柄木の個性は、五本の指で触れた人や物といった対象を崩壊させるという個性でしたよね。

ですが戦闘後、触れたもののみならず、連なる全てのものを破壊するまで強化しました。

これまでは、漠然とオールマイトを殺す目的のために動いていた印象でしたが…

強化とともに明確なオールマイトを死に追いやる明確なビジョンを掲げ始めてきました。

 

ワン・フォー・オールの夢

本誌を読んでいるとオールマイトの目元の影頬の痩せ具合が酷くなってきたように思えます。

あれ?思えませんか?良かったらよく見てみてください。とても痩せてます心配。

さて、22巻辺りから、1年A組とB組の合同戦闘訓練が始まります。

合同戦闘訓練の少し前に緑谷君が爆発を起こして起床するという出来事が起こります。

その際、緑谷君はワン・フォー・オール初代の記憶を夢に見ていたそうですが、爆発した原因まではわかりませんでした。

いざ、合同戦闘訓練を始めて中盤に差し掛かったところで、緑谷くんの個性が暴走を起こしてしまいます。

特別参加いていた普通科の心操君の個性「洗脳」によって、暴走は終息。

この暴走事件から、オールマイトはワン・フォー・オールの夢について調べている様子でした。

その後話は、大晦日新年と明け、インターンが始まります。

緑谷君と爆豪君のインターン先について談笑している様子からも、引退前より細くなっている気がします。

ヒーロー現役の頃から、何か一つのことについて突き詰めるタイプの人なのでしょうね。

本誌でも1コマでしたが、何か思い悩む様子が確認できました。心理的にも身体に悪影響を及ぼしていそうです。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】オールマイトは最後に死なない?

オールマイトは最後も死なないと信じて止みません。

緑谷君たち教え子の活躍を、ちゃんと生きて見守ってほしいです。

もしかしたら、可能性があるかも?いや、むしろそうなってほしいなと思っています。

少しでも希望があるのならと、こうなってほしいなも含めてみていきましょう!!

 

未来を捻じ曲げる

ナイトアイが見た予知は決して、覆すことができないとされていました。

17巻でナイトアイはオーバーホールの未来を予知し、勝つことができない結果を目にしました。

しかし、その結果は緑谷くんによって捻じ曲げられ、オーバーホールに勝利する結果と変化します。

 

ナイトアイは「変えられない」「変わることはない」という考えが常にあったようです。

故に、ずっと拭い去ることができず、未来を変えるエネルギーにすることができなかったのではないかと考えられます。

勝利した要因としては、18巻で死の直前ナイトアイが口にしていました。

皆が強く一つの未来を信じ紡いだエネルギーが、緑谷君に収束され、放出された結果ではないかと。

外れた前例ができたことで、オールマイトの凄惨な死を捻じ曲がる可能性が一つ出てきました。

 

巻き戻し

触れた人の時間を巻き戻す個性をもつ、エリちゃんという6歳の女の子がいます。

オーバーホールにより個性を失う薬の生産に利用されていた女の子です。

エリちゃんの個性は、時間を巻き戻すという聞こえはいいですが、彼女自身扱いきれていないので非常に危険です。

そのため、個性を無意識に発動してしまい実の父親を「無」に巻き戻してしまっています。

「無」なので、そうです消えちゃってるんですよね。

ですが、エリちゃんがこの個性を自由自在に扱えるようになったとしたら?

オールマイトが呼吸器官半壊胃袋を全摘出する前に戻せるとしたらどうでしょう。

お喋りしている途中の吐血などもなくなりますよね。

圧倒的に今よりは健康体に戻れます!!!!!

ただ、6歳のエリちゃんがどのタイミングで個性を扱えるようになるかが定かではないです。

可能性としては、非常に薄いかもしれませんが、捨て置けない希望だと信じています!

 

スポンサーリンク

まとめ

さて!ここまで、どうしたらオールマイトの最後は生き抜くに繋がるのか見てきましたね。

違いますね。今回は「ヒロアカ」オールマイトの最後についてまとめてみました。

1巻から本誌最新刊まで、改めてこうしてみると、現段階で拭えなかった事由が明確になりましたね。

予知」については、捻じ曲げられる可能性があり、オールマイトの身体修復についても希望が見えてきました。

しかし、あと一つ。あと一つだけ気がかりなのが、死柄木弔という男です。

彼も悲痛な過去があります。けれど、オールマイトには最後まで生き抜いていてもらいたいものです…。

 

今ジャンプ本誌で連載中のインターン編を今後も注目して見ていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。