【鬼滅の刃】善逸の呼吸や技名を紹介!技名や刀がかっこいいと話題!?

鬼滅の刃の我妻善逸は炭治郎と同期の鬼殺隊員です。

そんな彼の呼吸、技名、刀はなんなのでしょうか?

善逸といえば、黄色い頭で見た目いい感じの青年!

と思いきや…

すごいヘタレで任務に行く際には泣きまくる。

そして女の子に惚れっぽくてすぐ告白するような、面白いキャラです。(笑)

どんな戦い方をするのでしょうか?

気になる…。

ということで、今回は鬼滅の刃我妻善逸呼吸、技名、刀についてみていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】我妻善逸の呼吸は「雷の呼吸」

善逸の呼吸は雷の呼吸です!

鬼殺隊が基本的に使う

水の呼吸、雷の呼吸、炎の呼吸、風の呼吸、岩の呼吸

のうちの一つですね。

善逸は元・鳴柱 桑島慈悟朗のもとで、才能を見込まれ、雷の呼吸を学びました。

そこでも修行が嫌でぐずって、慈悟朗にしごかれていたわけですが…(笑)

こんな感じです。(笑)

ちなみにこの時、善逸は木に登っていたわけですが…

その木に雷が落ちて、善逸の髪が黄色になってしまいました。

あの髪にはそんな逸話があったのですね。(笑)

そんな修行のかいもあって、善逸は、壱の型だけは使えるようになりました!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】我妻善逸の刀

善逸の刀は黄色です!

この日輪刀は持ち主によって色が変わり、持ち主の適性がわかります。

  • 炎の呼吸→赤
  • 水の呼吸→青
  • 風の呼吸→緑
  • 岩の呼吸→灰色
  • 雷の呼吸→黄色

というう感じです。

善逸は黄色ですから雷の呼吸を極めることが出来る可能性がありますね!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】我妻善逸の呼吸を使った技を紹介!

いつもは、臆病でヘタレな善逸。

しかし、覚醒するとものすごく強いんです!

しかも、ものすごく速い。

前までは、気絶したり眠ると、覚醒して戦える状態になっていましたが、今は目覚めているときでも戦えるようになりました!

また、耳がものすごくよく、

呼吸音、心音、血流の音がわかり、心拍数から相手がどんなことを考えているかわかるほど。

一度聞いた音楽は演奏できるそうです!

今で言う絶対音感ですね。

だから眠っている間でも戦闘できるみたいです。

鬼殺隊、特殊能力持つ人多すぎません?(笑)

さて、ここからは技を紹介していきます!

 

雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃

とてつもない速さで鬼の頸をきっています。

人間にはもちろん鬼の目でもこの技をとらえられないそうです!

また、この型は、雷の呼吸のすべてにおける基本の型で、善逸はこの型しか使えません。

それ故、善逸はこの型を極限まで極め、この速度に達したそうです!

かなりの努力家ですね。

 

雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃・六連

蜘蛛の鬼と対峙した時に出した技 。

見えない速度での技を六回連続してだします。

鬼にとってはたまったもんじゃありませんね。(笑)

ちなみに、善逸が自分で編み出しました!

 

雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃・八連

この技は霹靂一閃を八回連続で出したものです。

無限列車で、上弦の参が現れ、炎柱が殺されてしまった後、厳しい修行をして取得しました。

ちなみにこの技は、遊郭にいる上弦の陸と対峙したときに使ったんです。

炭治郎と共闘でかっこよっかった!

 

雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃・神速

これまた、上弦の陸と対峙した時に出した技。

上弦の陸でさえも速すぎて驚いていました!

どんどん進化していきますね、善逸。

また、この技は体にかかる負担が半端ではないので、一度に二回しか使えません。

二回使うと足の形が変わるほど、重度の骨折をしてしまいます。

すごい技には代償がつきものなんですね…。

 

雷の呼吸 漆の型 火雷神

これも善逸が独自に編み出した技。

体を前のめりにして、刀を完全に振り切っています。

神速以上の速さ。

見てください!

雷の斬撃が見えます!

ちなみにこれで、鬼になってしまった、かつての兄弟子を倒しました。

兄弟子はこの技が速すぎて見えなかったみたいです。

善逸は、この技で肩を並べて兄弟子と戦いたかったといっています。

なんとも泣ける話です…。

 

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回は鬼滅の刃の我妻善逸の呼吸、技名、刀についてまとめてみました!

普段はヘタレですが、戦うときには別人のように強くなっていましたね。

また、優しく、かなりの努力家で自身で技を進化させていきました。

無惨達との戦いではかつての兄弟子とも戦い、悲しながらもパワーアップします。

この分だと、柱が四人空席なので、善逸が柱になる可能性も考えられますね!

これからも善逸には目が離せません!

今回はここまで…

終わり!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。