ワンピースネタバレ967話!ついにラフテル登場!

ONE PIECE(ワンピース)ワノ国過去編

前回は白ひげとロジャーが対決おでんと共にロジャー海賊団空島へ。

そしてロジャーの「最後の冒険」が始まろうとしていましたね!

今までに包まれていたロジャー海賊団、そしておでんについてのことが次々と明らかとなりました。

もうワクワクが止まりませんよね笑

これから彼らはポーネグリフを読み解き、最後の島ラフテルへと到達する訳ですがどのような展開となっていくのでしょうか?

この記事ではONE PIECE(ワンピース)ネタバレ最新967話あらすじ確定予想と最新967話の考察と感想について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ワンピースネタバレ最新967話あらすじ確定予想!

前回のラストは、ロジャーの「最後の冒険」が始まろうとしているところ。

なので、今回のストーリーはこの最後の冒険の内容となりそうですね。

今話で彼らは最後の島「ラフテル」へとたどり着くことになるのでしょうか?

それでは、ONE PIECE(ワンピース)最新967話のあらすじ予想をしていきたいと思います!

 

ロジャー、大工トムと再会

空島から地上へと戻ったロジャー海賊団

ポーネグリフを探すために色んな国を巡っていきます。

 

そして彼らはウォーターセブンに到着。

ロジャーは「オーロ・ジャクソン号」を手掛けた大工のトムさんと再会します。

また、そこには後にフランキーとなる幼いカティ・フライムの姿が。

おでんは彼に話しかけます。

「船長に頼んでやろうか?」

しかし、カティは「海賊に捨てられたばかり」と言って彼の提案を断るのでした。

 

魚人島のポーネグリフ

次にロジャー海賊団が向かったのは魚人島

この時島には予言者シャーリーという人物がいました。

魚人島は予言者の言葉に翻弄されている様子です。

また、おでんロジャーは島に付いてから違和感を感じていました。

どうやら彼らには「海王類の声」が聞こえている様子なのです。

ロジャーネプチューンと会話をしています。

この時にまだ生まれていないしらほしの話題もあがりました。

彼女はシャーリーの予言により10年後生まれる予定です。

そして、魚人島には「ジョンボーイの謝罪」「ポセイドンについて記されたポーネグリフがありました。

 

イヌアラシネコマムシは自分たちの故郷「ゾウ」赤いポーネグリフがあることを明かします。

これを聞いたロジャー海賊団はその島に向かうことに決めるのです。

 

ワノ国に立ち寄るロジャー海賊団

ロジャー海賊団「ゾウ」へと向かいます。

しかしこの途中、トキが倒れてしまいます。

彼女が倒れたのはワノ国の近海

なので、彼女をワノ国に送り届けることになりました。

また、イヌアラシネコマムシもワノ国を知らない彼女のために、ワノ国に戻ることになります。

この時おでんも残ろうとしましたが、トキは彼に一喝

彼は船を降りないことに決めます。

そんな中、錦えもんワノ国の現状おでんに報告しようとしました。

この時ワノ国には異変が起きていたのです。

しかし、またもやトキが止めに入り、おでんには異変の内容が伝えられませんでしたが話を聞かなくても、おでんワノ国の異変を感じ取っていたのでした。

 

ポーネグリフが集まる

「ゾウ」に到着したロジャー海賊団

「イヌアラシ、ネコマムシからの手紙」ひつギスカン侯爵に渡しました。

この島でも、おでんロジャーは魚人島の時のように違和感を感じます。

「誰かに見られている気がする」

そして、ロジャー海賊団は4つ目のポーネグリフを見つけます。

ゾウの島滞在中に、ペドロ「船に乗りたい」と言い出します。

しかし、「人には出番というものがある」ということで船には乗ることができませんでした。

 

ポーネグリフにより「最後の島」の場所がわかったロジャー海賊団。

そこに向かうため出港しようとしますが、なんとこの時バギー高熱を出してしまいます。

バキーの看病のためシャンクスが残ることに。

「行くときは自分の船で行くよ」とシャンクス。

2人を残してロジャー海賊団「最後の島」へと向かうことになりました。

しかし、この時ロジャーの寿命は残りわずかとなっていました。

 

ロジャー海賊団、最後の島へ

そして、ロジャー海賊団は遂に「最後の島」へとたどり着きます

世界にはロジャー「世界一周」との話が伝えられ、彼は海賊王の称号を手にします。

ロジャー海賊団は島にある「宝」を目の前にし、そして、世界のすべてを知ることに。

空白の100年Ⅾの一族古代兵器について…。

そしてこれらのことはすべてワノ国と繋がっていたことが明らかとなります。

 

ロジャー、ラフテルと名付ける

宝を目の前にしたロジャー海賊団笑っています

そして、ロジャーも大きな口を開けて笑っています

「おれはジョンボーイと同じ時代に生まれたかったものだ」

とんでもない宝を残してくれたな!これはとんだ笑い話だ!」

 

それから彼は仲間に向かってこう提案するのでした。

800年も誰も行きつくことのなかった『最後の島』にまだ名前がないなら名前を付けよう

そして彼は「最後の島」に名前を付けました。

「ラフテル(Laugh Tail)」…。

 

スポンサーリンク

ワンピースネタバレ最新967話考察・感想!

今回のワンピースはかなりやばい内容でしたね笑

ロジャー海賊団は最後の島「ラフテル」到達

驚きなことに、彼が島に名前を付けたことも判明しました。

そして、ロジャーは世界のすべてを知り、海賊王の称号も手にすることに!

ロジャーのラフテル到達までの航海を知ることができて感激です笑

ここからは、ONE PIECE(ワンピース)最新話967話の感想と考察を書いていきたいと思います!

 

バギーとシャンクス到達できず

今回判明したのが、バギ―シャンクスラフテルに行っていないということ。

しかも、理由がバギーの高熱

彼はやはり何かを持った男でしょうね笑

しかし、高熱でラフテル行きを断念するの?ってのが正直なところ。

でもきっと行くのをやめなければいけないほどの病だったのでしょうね。

シャンクスが看病に付くくらいですし。

彼はラフテルに行きたかったと思いますが、仲良しのバギーのために諦めるなんて。

ほんと、友達想いのいい奴ですよ!

 

シャンクスはラフテルに行く?

シャンクス「行くなら自分の船で行く」と言っていました。

なので彼はいつかラフテルに行くつもりなんでしょう。

しかし、ここで疑問に思うことが一つ。

彼はもうすでにラフテルに辿り付いていてもいいんじゃないでしょうか?

当時は見習いだったにしろ、ポーネグリフの内容は知っているはずですし、だとすれば当然行き方も分かっているはずですよね。

ということで、彼がラフテルに行かないのは理由があるのかもしれません。

または、行くタイミングを見計らっているとか?

ここで、彼がラフテルに行かない理由として考えられるのが世界政府との関わりでしょうね。

現在四皇の一人ですし、五老星とも繋がっていたことも判明したので立場上行くことができないのかもしれません。

だとすれば今のところシャンクスはラフテルには行かないと考えられます。

 

トキはワノ国に戻る

トキ体調不良のため、ワノ国に戻ることになりました。

彼女がロジャーの船に乗った時点で、一緒にラフテルに行くのだろうと思っていましたが、違いましたね。

てっきりおでんと共に世界の秘密を知るのかと思っていました。

彼女は800年前に生まれていますし、彼女には大いに関係があるはず。

自分がどこで生まれたのかを知らないと言っていたので、彼女にとって重要ですし知りたいことですよね。

彼女の夫おでんはラフテルにたどり着き「世界のすべて」を知ったので、もしかしたら彼に話を聞くということになるのかもしれませんね。

トキがワノ国に戻ったことでモモの助日和ラフテルには行っていません

しかし、幼いながらに海賊王の船に乗っていたことはすごいことですよね!

 

ワノ国の「異変」

トキを連れていくため一旦ワノ国に戻ったおでん

そして彼が感じたワノ国の「異変」とは一体なんのことなのでしょうか?

多分この異変はオロチの仕業でしょうね。

おでんがワノ国を出てから何年か経過していますし、オロチは着々と計画を進めているのでしょう。

彼はおでんがいない内におでんについての「嘘」をまき散らしているのかもしれませんね。

また、マネマネの実能力者も付いていることですし、嘘の噂を広げることは簡単なはず。

おでんはこの時ワノ国に残ろうとしてたみたいですが、彼が留まっていれば状況は変わっていたと思われます。

彼がいないからこそ、オロチは容易に計画を進められたのかも。

おでんがワノ国にいたらオロチを許しておくはずがないですもんね!

 

フランキーはおでんと接触していた

今回新たに明かされたのがフランキーおでんと会っていたこと。

まさか彼がおでんと会話していたとは思いませんでした。

しかもあわよくばロジャーの船に乗っていた可能性があったということも。

彼は当時12歳頃なのでおでんに会ったことは覚えているはずです。

しかし、彼の口からそのようなことは語られていないので、覚えていないのでしょうか?

それともおでんのことを「おでん」であると認識していなかったのかも。

でも流石ににあったことは覚えているのかもしれませんね。

 

ラフテルの名付け親ロジャー

ロジャーが最後の島ラフテル「名付け親」だったとは衝撃でしたよ!

このシーンには正直、鳥肌が立ちました笑

ラフテルの綴りは「Laugh Tale」で意味は「笑い話」

ロジャーが最後の島のお宝を見て「とんだ笑い話」だと思ったことで、名付けられたということですね!

彼らが見たのはどんな宝だったのでしょうか?

「笑い話」だということは財宝だけではない「何か」があるって感じがします。

多分彼らが描いていたものとは違う、いうなれば拍子抜けするようなものかも。

ロジャーは「ジョンボーイと同じ時代に生まれたかった」そう言っていたので、この宝を残すこと自体に面白さがあるのかもしれませんね。

ラフテルには「笑い話」になるようなものがあると知った今、ますますその正体が気になりますよ!

 

今回のワンピースも色々なことが明かされる回となりました!

次回はロジャーのラフテルへの航海が終わった後のことが語られるのでしょうか?

次のワンピースも楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。