鬼滅の刃ネタバレ192話!日の呼吸十三の型の手がかり!?

鬼滅の刃(きめつのやいば)は無惨戦。

前回191話では遂に炭治郎が目覚めました

愈史郎の治療のお陰で彼は戦場に復活します。

そして、放たれたヒノカミ神楽

これから炭治郎と無惨との戦いが始まります!

この記事では鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新192話あらすじ予想と鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新192話あらすじ考察と感想について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ最新192話あらすじ予想!

復活した炭治郎。

彼は夢の中で日の呼吸、十三の型について知ることができたのでしょうか?

これからの無惨の戦いで明らかになっていくでしょうね!

ここからは、鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新192話あらすじ予想について書いていきたいと思います。

 

縁壱に教わる炭治郎

「数百回の説明を聞いくそして」

正しい形を一度見せてもらうと、理解度は格段に変わった」

手首の角度や、足運び、呼吸の間隔についてを縁壱から学んだ炭治郎。

これまでの自分の無駄な動きにも気づくことができたようです。

――彼と炭吉の妻すやこさんと子ども達が楽しそうに話しをしています。

その様子をじっと見つめる炭治郎。

「一瞬たりとも逃すまい」そんな様子が窺えます。

 

炭治郎の見た縁壱の日の呼吸は息を忘れるほどに綺麗なものでした。

「刀を振るう時の彼は人ではなく、まるで精霊のように見える」

「後に神楽として受け継がれた理由がわかる」と思う彼。

 

十三の型

「また遊びに来てください」と言う炭治郎に「耳飾り」を渡す縁壱

炭治郎は彼がもう戻ってこないことを悟ります。

遠ざかる縁壱の悲しそうな後ろ姿に涙が溢れます。

そして叫びました。

「あなたは価値のない人ではない」

「あなたがなにもすることができなかったなんて思わない」

この声に振り返る縁壱。

「この耳飾りも、呼吸も後世に伝えると約束します!!」

一瞬間を置いてから、縁壱は炭治郎に返事をします。

「ありがとう」

この言葉に炭治郎は自分こそ感謝しているとを思うのでした。

それから、縁壱がいなければ自分たちが生まれていなかったこと。

彼が逃がした珠世のお陰で無惨を追い詰めることができたことを考えます。

 

そして、炭治郎は十三の型について考えるのです。

「多分、十二の型は繰り返していくことで円となり

「そして十三個目の型になるんだ」

 

炭治郎対無惨

無惨を目の前にした炭治郎。

彼は何百年経っても、十二の型は正確に伝えられていたことを考えます。

また、縁壱が教えてくれた型も12個だったことや朝まで踊り続けていた父の姿を…。

「無惨の攻撃を避けながら、朝まで脳や心臓を斬り続ける」

「父さんや縁壱さんのように僕には才能もなければ、体が朝まで保つかもわからない

「縁壱さんでさえできなかったことを僕はできるのか?」

「それでも僕は、今の自分にできる最大限のことをする」

炭治郎の目つきが変わります。

「心を燃やすんだ」

「負けない!!」

そして無惨の攻撃が始まりました。

炭治郎も日の呼吸で技を繰り出します!

――そんな彼の姿が無惨の目には縁壱に見えていました。

「この亡霊が…!」

大きな音と共に無惨は地面を切り裂くほどの攻撃を放ちます。

これを技で防ぐも炭治郎は攻撃を食らってしまいます。

 

自在に変形する無惨

柱や仲間達が攻撃を食らった理由を考える炭治郎。

「無惨には腕と合わせて9本触手がある」

「そして、8本の触手を高速に太股から生えさせ攻撃してくる

無惨の体は変形が自由なんだ、固定された形で認識すると予期せぬ攻撃を受ける」と考える炭治郎。

「ヒノカミ神楽、烈日紅鏡(れつじつこうきょう)!!」

炭治郎は技で攻撃を防ぎながら、立て続けに技を放ちます。

そして彼は何かに気が付き、心の中で思います。

「やっぱり繋がる」

「それはこういうふうにできているんだ」

「縁壱さんそうですよね?」

「僕は繋ぐ」

「次は十二の型全てだ!」

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ最新192話あらすじ考察・感想!

遂に、炭治郎と無惨の戦いが始まりましたね!

また、炭治郎は夢の中で縁壱に教わり成長していた様子。

そして、彼が掴んだ十三の型についての手がかりも明らかとなりました。

ここからは、鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新192話あらすじの考察と感想について書いていきたいと思います。

 

縁壱に教わる炭治郎

以前炭治郎の夢の中では語られることのなかった縁壱による直々の指導。

炭治郎は彼に「正しい形」を教わることができたんですよね。

はじまりの剣士に教えてもらえるなんて羨ましい。

そして、自身の無駄な動きに気づいたことで炭治郎は今までよりも格段にレベルアップしてそうです。

鬼滅の刃を読んでると思わされるんですよね。

今回の炭治郎のように「正しい形」を教わる、基礎をしっかりすることは技の上達がかなり早くなること。

そういったことを押さえていれば、何かを習得するためには少し近道もあるってことかも?

内容に関係ない笑

 

縁壱と重なる炭治郎

前回もですが、無惨の目には炭治郎が縁壱と重なって見える時があるようなんですよね。

これは単純に彼が縁壱のことを恐れるあまりの現像でしょうか?

ヒノカミ神楽を見ると昔の記憶が蘇ってそうなるとか。

それもあるかもしれませんが、僕的にヒノカミ神楽だけでなく炭治郎が縁壱と同じような強さを持っているからなのかも。

だとすれば、炭治郎は夢の中の修行で相当強くなったのでしょうね!

 

変形する無惨の体

炭治郎は見抜いた無惨の体が変形すること。

体にある触手を自由に生えさせることができるみたいです。

無惨の体内で脳や心臓が移動するように、触手も移動。

しかも、それを高速で行うことにより相手に攻撃を食らわさせるのでしょう。

これは厄介な体ですし、鬼だからこそできるチートな能力。

柱達でさえやられてしまったこの攻撃を炭治郎はかわすことができるのでしょうか?

 

十三の型

炭治郎が発見した十三の型

それは、「十二の型を繰り返し円を作ることで完成する」というものようですね。

てっきり十二の型に続いて、十三の型があるのだと思っていました。

この展開には予想外でしたね。

また、炭治郎は戦っていく中で確信のようなものも感じます

これはきっと炭治郎が考えた十三の型についてでしょうね。

ということで次回はいよいよ十三の型が見られるのでしょう。

どんな技になるのか楽しみですよ!

 

今回の鬼滅の刃では炭治郎対無惨の戦いが始まりました。

十三の型について確信を得た炭治郎。

無惨を倒すことができるのでしょうか!?

次回も目が離せませんね!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。