鬼滅の刃189話ネタバレあらすじ!救世主茶々丸!?

鬼滅の刃(きめつのやいば)は地上での無惨戦

前回は伊黒の過去が明らかとなりましたね!

顔の包帯下の傷や彼の鬼への恨みの真相、そして彼の甘露寺への想いが描かれていました。

彼の望む「鬼のいない平和な世界」がくるようになんとしても無惨を倒さなければなりませんね!

現在、無惨の力に圧倒されている柱達ですが、彼らの戦いに変化は現れるのでしょうか!

この記事では、鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新189話あらすじ予想と最新189話の考察と感想を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ最新189話あらすじ確定予想!

189話の題は「心強い仲間」

心強い仲間とはの事を言っているのでしょうね。

柱達それぞれのことを指しているのでしょうか?

しかし今彼らは無惨の攻撃に押されている状況

誰か応援が来てほしいところなので、もしかしたら助っ人のことを言っているのかもしれません!

愈史郎禰豆子?それとも他の誰かでしょうか?

誰の事なのか気になりますね!

それでは、鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新189話あらすじ予想をしていきたいと思います!

 

どこかへ向かう「茶々丸」

無限城が現れたのは町中

沢山の人々がいるこの街はいずれ無惨の餌食になってしまうかもしれません。

住民が巻き込まれないよう達が避難するように呼びかけています。

「地盤沈下です!避難してください!」と住民を誘導します。

人々に「警官なの?」と怪しまれたので「調査隊」だと答えその場をしのぎます。

その時、瓦礫の中から猫の鳴き声が聞こえました。

隠の一人がその瓦礫をのけてみると、一匹のが現れます。

その猫は愈史郎の使い猫「茶々丸」だったのです。

しかし猫は助けられると直ぐにどこかへ駆け出して行ってしまいました。

 

体力を消耗する柱

伊黒無惨に向かって走り斬りかかります!

無惨に攻撃は避けられますが、伊黒はとっさに彼の腕に蹴りをいれ、そのまま腕を切断

伊黒は戦いながら、無惨の背中の触手に目をやりました。

その触手には牙の生えた口がいくつも付いています。

「多分あの口が甘露寺を吸い上げていたんだ」

「範囲が広く強力な吸い込み、厄介な攻撃だぞ」

大きく動いて避けなければ、この攻撃をかわすことができません。

動く分体力は削られていきます。

伊黒は夜明けまでなんとか時間を稼ごうと考えました。

「夜明けまで持ちこたえて、無惨を陽の光に当てることができれば…」

 

義勇無惨に攻撃を仕掛けます。

しかし、触手に刀を弾かれ、手から刀を離してしまいました。

彼はこれまでの戦いで体力を消耗刀を握る力さえも無くなってきていたのでした。

そんな彼に無惨の攻撃が襲い掛かります!

と、その攻撃を悲鳴嶼伊黒、そして実弥が防ぎます!

「ボケっとすんじゃねぇ!」そう言いながら、実弥刀を拾い義勇に投げ渡しました。

義勇刀を取り無惨の攻撃に食らいつきます!

 

救世主「茶々丸」

無惨は戦いの中、たちを見て考えています。

「柱は予想以上に粘っているが、もう少しで毒の浸食により彼らは潰れるはず」

「夜明けまでまだ1時間14分

「細胞が破壊されて、死ぬまで5分とかからないだろう」

 

そう彼が考えていた時、突然空中茶々丸が現れました!

急に現れた茶々丸に無惨は驚きます。

現れるまで気配に気が付かなかった様子です。

茶々丸が背中に「背負っていたもの」が開き、中から注射器のようなものが勢い良く飛び出しました!

そして、その注射器が柱達の体に突き刺さります

しかし、それと同時に茶々丸は無惨の攻撃によりバラバラにされてしまいました。

「なんだ、いつの間に現れたのだ!」と焦る無惨。

 

回復する柱達

「攻撃か!?」

突然、何かかが体に刺さったのでたちはこう思いました。

しかし、そう思っているうちに「毒による腫れ」みるみる治まっていきます

この状況に驚く彼らですが、「完全回復ではないので、一時的なものだろう」と考えます。

 

「死んでもなお私の邪魔をするのか、珠世め」と無惨は激怒

そしてさらに激しい攻撃を繰り出します!

 

伊黒「痣」の発現

伊黒は回復したにも関わらす自分を責めていました。

「俺が誰よりも成果を上げていないじゃないか!」

 

伊黒は昔「牢屋に閉じ込められていた時」のことを考えました。

当時はご飯を食べるお箸以外、重いものを持たない生活を送っていたので、体力握力非力なものでした。

しかし、奪ったかんざしを使って必死に牢屋から逃げようとした時には力が入っていたことを思いだします。

「そうか、命の危機に直面した時、生き物は大きな力を発揮するんだ!」

そしてさらに、伊黒は無一郎の刀のことを考えました。

烏からの知らせで知った無一郎の刀が赫刀となったこと。

刀がなぜ赫刀に変化したのかを伊黒は考えます。

「あの時無一郎は腕を負傷していたので、彼にできることは刀を強く握りしめること」

「刀に強い力をかけたことで、刀の温度が上がり赫刀に変化したのかもしれない」

「それなら自分の刀にもできるはず!」

伊黒は全身に力を込めました!

すると、伊黒の左腕から左胸にかけて蛇のような痣が出現!

そして彼の刀は赫刀へと変わっていたのです!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ最新189話考察・感想!

遂に、伊黒の体に「痣」が現れました!

そして、それだけでなく刀を赫刀に自ら変化させましたよ。

これは次回伊黒が活躍してくれそうですね!

また、茶々丸のお陰で柱は回復

これから無惨対抗していくことができるのでしょうか?

ここからは、鬼滅の刃(きめつのやいば)最新189話の考察と感想について書いていきたいと思います!

 

救世主「茶々丸」

今回、達のピンチを救ったのが猫の茶々丸

まさかの登場でしたね!

しかし、茶々丸のお陰でで弱った柱達はすることができました。

完全回復ではないにせよ、無惨毒に効果があるのはかなり強力な薬なんでしょうね。

大きな活躍してくれた茶々丸ですが直ぐに無惨に殺されてしまいまいた。

このシーンは悲しすぎましたよ。

茶々丸死なないでほしかった…。

しかし、疑問に思うのが茶々丸が持ってきた薬はいつ用意されたのか。

珠世さんが事前に用意して持たせていたとしか考えられないですよね。

ということは珠世さんは無惨の毒のことを知って薬を開発していたのかもしれません。

もしもの時のために茶々丸に持たせていたのかも。

茶々丸は瓦礫の下にいましたし、多分珠世さんの近くにずっといたのでしょうね。

 

愈史郎の術

茶々丸が無惨に気が付かれなかったのは愈史郎の術のお陰。

突然現れて、無惨も驚いていましたよね。

かなり近くに登場したはずですが、気配を消せていたのはすごいことです。

愈史郎の術は無惨との戦いで有利になりそうですよね。

もし無惨を人間に戻す薬がまだ残っているとすれば、愈史郎が術を使い無惨に近づいて薬の投与とかできたかもしれませんよ。

 

柱達薬で回復

茶々丸が持ってきた薬によって柱達は回復しました。

無惨のにより疲弊していた彼ら。

義勇刀を持つことすらままならないほどになっていました。

しかし、薬のお陰でかなり回復したようでしたね。

「完全回復」とまではしてない様子でしたが、無惨の毒によって直ぐには潰れることはなさそうです。

日の出までにはあと1時間以上あるので薬の効果が持続してほしいところですよ。

 

薬で炭治郎回復

柱達よりもやばい状態であるだろう炭治郎

無惨の毒に効く薬の登場彼にも助かる兆しが見えてきました。

茶々丸の持ってきた悲鳴嶼実弥伊黒義勇4人分

この薬が他にあるとすれば愈史郎が持っているかもしれません。

彼が登場してくれれは炭治郎それから甘露寺、他の隊員たちも助かりそうです。

 

伊黒「痣」の発現

今回のラストシーンでは伊黒「痣」の発現をしました。

そして、それと共に彼の刀は赫刀へと変化

一気に伊黒の中ですごいことが起きましたね!

前回から伊黒の過去そして今回と伊黒がクローズアップされているので、次回で彼の力が爆発しそうですよ!

どんな戦いを見せてくれるのか楽しみなところですよ。

 

赫刀

伊黒無一郎の赫刀について考えることで、彼自身も赫刀を生み出すことができました。

赫刀に変化させるためには「刀の温度を上げる」こと。

「なんだ温度を上げればいいのか、単純だなぁ」と思ってしまいますが、力を入れるだけで温度を上げるなんて簡単なことではないですよね笑

この赫刀への変化がどの刀にも通用するのであれば、他の柱達もできるかもしれませんね。

そうすれば無惨打倒への道も開けてくるかもしれませんよ!

 

今回の鬼滅の刃では茶々丸が活躍してくれました!

茶々丸のお陰で柱達のピンチが救われ、なんとか危機は乗り越えられたようです。

そして、伊黒の発現と赫刀

次回は彼が無惨との戦いで力を見せてくれそうですね!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。