鬼滅の刃186話ネタバレあらすじ!縁壱の過去とは?

前回の鬼滅の刃では禰豆子が目覚めましたね。

彼女は完全にはまだ人間に戻っていない様子でした。

そして、無惨との戦いでは遂に柱が終結

悲鳴嶼達の加勢は無惨との戦闘に転機を与えることができるのでしょうか?

また、瀕死状態の炭次郎には一体何が起こっているのでしょうね!

この記事では、鬼滅の刃最新186話あらすじ予想と最新186話の考察と感想について書いていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ最新186話確定あらすじ予想

生死を彷徨う炭次郎はどうやらを見ているのかもしれません。

このことが無惨打倒の重要な鍵となりそうです。

今回の鬼滅の刃では炭次郎の夢についての内容が描かれそうですね!

それでは、鬼滅の刃ネタバレ最新186話あらすじ予想していきたいと思います。

 

縁壱と出会う炭次郎

炭次郎の意識は炭吉の記憶の中。

目の前には見覚えのある建物がありました。

自分の家に似ていましたが、違うと気付き驚きます。

とその時、小さな子どもに服の裾を引っ張られました。

その子は「とーたん」言いながら向こうの方に向かって指をさします。

その指の先には、なんと緑壱の姿が。

彼は炭次郎にぺこりと頭を下げました。

炭次郎は縁壱を目の前にし、十三の型について彼に質問したいと思います。

しかし、その思いを伝えようと口を動かすも体が思うように動きませんでした。

 

どうやら炭次郎が見ているのは炭吉の記憶でしかないようですね。

 

愈史郎を探しに行く村田

無惨の毒にやられ倒れている炭次郎に村田が心臓マッサージを行っています。

彼は必死に心肺蘇生をするも、炭次郎は息をしません

とそんな最中に隊員に声をかけられます。

「物の下敷きになっている愈史郎を助けてくれ」と村田頼みました。

この状況に、村田は重症の炭次郎を置いてはいけないと躊躇します。

しかし、「愈史郎を助ければ彼が炭次郎を助けてくれるはずだ」と、隊員は彼を無理やりに連れていってしまいました。

 

置いていかれた炭次郎。

このまま一人で大丈夫なのでしょうか。

 

縁壱の過去

縁壱炭次郎が縁側に座っています。

私の話を聞いてほしいと縁壱は炭次郎に言い、過去について話し始めます。

まず彼は、耳飾りのことについて話しました。

母からの贈り物で、太陽の神様が「光で照らしてくれるように」と祈りを込めて作ってくれたものでした。

縁壱のことを「耳が聞こえない」と思っていた彼女が心配してのことだったのです。

そんな母に対して余計な心配をかけさせたと縁壱は思っていました。

 

次に話に上がったのが縁壱の双子の兄、巌勝について。

縁壱のことをいつも気にかける優しい兄であったと語ります。

しかし、それに対して父親は「縁壱に構うな」と巌勝を殴ります。

次の日も、その次の日も。

ある日、縁壱のところに巌勝やってきました。

右頬は父親に殴られたせいで腫れ上がっています。

そんな状態でも彼は笑顔見せ、縁壱に小さなを手渡します。

笛をもらい、縁壱は「何か用があれば笛を吹いて知らせる」と彼に伝えます。

しかし、笛を吹く間もないほど巌勝はよく手伝いに来てくれました。

 

縁壱、少女「歌」と出会う

縁壱は自分は望まれて生まれたのでないと思っていました。

なので、母の死後彼は僧になろうと家を出ます。

しかし、そのまま寺に行くわけにもいかないと、一晩中田んぼ道を歩いていました。

そうしていると、すこし先の田んぼの中に少女が立っているのが目に入ります。

年は縁壱と同じぐらい、そんな彼女は泣いていました。

彼女の名前は

病によって家族全員を失ってしまったと言います。

彼女は「田んぼの中のおたまじゃくしを連れて帰ろう思うも、家族から離れるのは可哀そうだと考え逃がした」と話します。

寂しそうにする彼女を見て、縁壱は「自分が一緒に家に帰ろう」と言います。

 

縁壱は透明な世界ことを歌に話しました。

話を聞いた彼女は「この話を他人に話せば彼はきっと気味悪がられてしまう」そう思い縁壱のに「私があなたを引っ張っていく人になる」と伝えます。

 

歌との別れ

10年後、縁壱は歌と結婚しました。

縁壱は身ごもった彼女のために産婆を呼びに山を下ります。

その道中に心臓を悪くした老婆に会います。

彼女は「戦争で負傷した息子の死に目に会いたい」というので、縁壱は彼女を送り届けました。

帰りが遅れたと縁壱は急いで家に帰ります。

しかし、家に着いてみると血まみれになった歌が倒れていました。

彼女とお腹の子は死んでいたのです。

縁壱は歌の体を抱きかかえ10日間その場で呆然としていまいた。

そこに鬼を追跡してきた剣士が現れます。

「埋葬してあげなければ可哀そうだ」と彼に言われ、縁壱は意識を取り戻し歌と子を埋葬しました。

 

縁壱の望みは「家族と静かな暮らし」をすること。

家族で布団を並べ、愛する妻と子どもと暮らす、それだけでいいとう望みは奪われてしまいました。

 

縁壱は鬼によって家族を奪われた者一人だったのですね。

彼の悲しみが伝わってきます。

そんな彼の前に現れた剣士の姿は煉獄さんに似ていました。

もしかすると煉獄さんの祖先かもしれません。

 

無惨と対面する縁壱

歌と子の死後、縁壱は鬼殺隊を結成します。

というのも鬼殺隊は昔からありましたが、呼吸を使える者がいなかったのです。

そこで呼吸を使うことのできる縁壱が受け継いでいくことになりました。

 

初めて柱となった剣士たちはとても優秀でした。

それぞれすでに「炎」「風」「水」「雷」「岩」の剣術を使っていました。

そして、縁壱が呼吸を教えることで、鬼殺隊はどんどん強くなっていったのです。

また、縁壱は部下を鬼に殺された巌勝と再会し、巌勝も鬼狩りに参加することになりました。

 

その後しばらくして縁壱は無惨に初めて会うことになりました。

そしてその時直ぐに彼は悟ります。

「無惨こそが鬼の始祖」であることを。

と同時に彼は自分の使命が何なのかを自覚しました。

「自分はこの鬼を倒すために生まれてきたのだ」と。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】ネタバレ最新186話考察・感想

縁壱の過去が明らかになりましたね。

彼は無惨と対面して直ぐに自らの使命を知ることとなりました。

この時が鬼殺隊と無惨との長い闘いの原点のようですね!

縁壱もまた鬼に家族を殺された者の一人。

彼の過去はまるで炭次郎の過去にも似ている気がしました。

ではここからは、鬼滅の刃最新186話の考察と感想を書いていきたいと思います。

 

縁壱の過去

縁壱の過去では鬼殺隊の始まり。

そして、彼の愛する人について明かされました。

炭次郎も付けている耳飾りの意味も分かりましたね。

縁壱巌勝ですが、この二人のことについては黒死牟の時に描かれていました。

その時は巌勝目線、そして今回縁壱目線での内容でしたが二人のお互いに対する思いのすれ違いがあるのがはっきり感じられました。

気持ちがすれ違ってなんとも悲しいですよ。

また、縁壱は妻歌を鬼に殺されてしまいました。

先ほども言いましたがこのシーンは炭次郎の過去と重なる気がしましたよ、この話を聞いていた炭次郎はきっと家族のことを思い出していたでしょうね。

縁壱は鬼殺隊を継承することとなり、始まりの呼吸が生まれたということですね。

そして、彼は無惨と会い自分の生まれた意味を自覚しますが、その中には無惨に対する激しい怒りの感情もあったのかもしれませんね。

次回も縁壱の過去についてのストーリーとなりそうです。

きっと炭次郎はこの夢によって無惨を倒す鍵を握るはずですよ。

 

重症の炭次郎

村田が炭次郎を助けようと必死でしたが、あっけなく隊員に連れていかれてしまいました。

あの状況の炭次郎を置いていくなんて不安過ぎますよ。

でも隊員の言うように「愈史郎を助けに行く」方が先決ですよね。

一刻も早く炭次郎の毒をなんとかしなければなりません。

炭次郎は意識の中で夢を見ているので、きっと生死の境目にいるのでしょう。

早く愈史郎を連れてきて欲しいところです。

こうして置いていかれた炭次郎ですが、現在彼の元には禰豆子が向かっています。

次回は彼女が炭次郎のところに到着するかもしれませんね。

 

柱と無惨の戦い

が集結したことで戦いの風向きは変わるかもしれませんね。

無惨に歯が立たない様子でしたが、黒死牟の時のように悲鳴嶼達が活躍しそうです。

柱たちの連係プレーの取れた戦いも見られるかもしれません!

 

次回の鬼滅の刃では縁壱の過去の続きが描かれそうです。

苦戦する無惨との戦いですが、柱集結で転機は訪れるれるのでしょうか?

次回の鬼滅の刃も目が離せません!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。