ヒロアカネタバレ最新253話確定あらすじ予想!インターン編終了!

僕のヒーローアカデミア、通称ヒロアカ

エンデヴァーと轟家に少し変化がありましたよね。

前回同様、ネタバレも含め最新情報を基に次週の予想を立てていきます。

251話では捕らわれた夏雄君をデク、ショート、バクゴーで助けましたね。

轟家、インターン生、これからどうなっていくんでしょうか。

回の253話のあらすじ予想を立て、最新話252話のあらすじを考察していきます。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】ネタバレ最新253話あらすじ予想!

デク、ショート、バクゴーの活躍は見事でしたね。完全勝利

一方、エンデヴァーと夏雄君の対話は少し寂しいものを覚えました。

このシリアスめの空気に対してバクゴーの変わらぬ態度!!

逆に救われますよね。清々しいくらい通常運転。

それではまず、次回の253話について予想していきたいと思います。

 

ヴィラン連合の動き

デク、ショート、バクゴーのインターンも無事終了しました。

エンデヴァーが今後の家族の在り方について結論を出しましたね。

結論についてはショートから後日語られた話になっています。

恐らく、このインターン編は一度終わるのではないかと!

エンデヴァーからホークスの名前も出ていたので、そろそろ動きがあるのでは?

ホークスが潜入してから大分経っているので、別の任務を任されていたりなど。

デク達が強くなっていく一方で、死柄木達の動きも何かありそうですしね。

ドクターあたりが新しい脳無を製造していたり..可能性は無限大です。

 

他インターン生

デク、バクゴー、ショートの3人ばかりにスポットが当てられていました。

他のそれこそ、ホークス事務所で励んでいるツクヨミの様子は?

ホークスが忙しくて直接見れないと申し訳なさそうに語っていましたもんね。

ツクヨミも思うことがあるでしょうし、飛行能力がまた上がっていたりして!

リュウキュー事務所やファット事務所、他事務所にいった雄英生も気になります。

あわよくば、見たいという気持ちが募りますね。

 

エンデヴァー

ホークスから暗号を受け取ったエンデヴァー。

ちょっとセンシティブな話が続いておりましたよね…。

結局別居ということなんでしょうか。離婚…その可能性もあります。

そこは置いとくとして、暗号解読後インターン生の育成に励みました。

インターン生の育成終了したので、エンデヴァー個人でも動きがあるのでは?

252話の父親の顔をしたエンデヴァーを見てより応援したくなりました。

その影響でまだまだエンデヴァーの活躍が読みたいと欲が出てしまいます。

エンデヴァーが個人でヴィランの情報を追う一方で、荼毘にも動きが…!

という展開も有り得そうです。夏雄君との会話も一般人に目撃されていますからね。

SNSなどに上がっているんじゃないでしょか?

それを見て何か悪戯にエンデヴァーに仕掛けてきそうな気もします。

エンデヴァーにこれ以上関わらないでくれ…いやそれは無理な話か…。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】ネタバレ前回252話確定あらすじ

それでは、最新話252話のあらすじについてみていきましょう。

エンデヴァーと家族の間で大きな変化が起こりましたね…。

少年誌の中でこのワードを連想させる出来事が出てくるとは思いもしなかったです。

 

夏雄君への言葉

救助したバクゴーも巻き込み、夏雄君を抱き締めて安堵していましたよね。

怪我の確認をし、一瞬躊躇った理由についてエンデヴァーが語ります。

この先自分に対して夏雄君が何も言えなくなってしまう可能性を危惧したから。

エンデヴァーが夏雄君を救う事で、助けてくれたからという枷がかかってしまう。

そのことをあの一瞬で考えてしまったんですね。

また、エンデヴァーは夏雄君含め家族を疎んでいたわけではないとも語っています。

疎んでいたわけではないが責任を押し付けていた、燈矢君も殺したも同然だと。

そんな言葉を聞いて夏雄君は戸惑っていましたね。

俺が許すときなんて…来ないよ。俺は焦凍みたいに優しくないから。

この言葉にエンデヴァーは夏雄君も優しいのだと伝えます。

家族」に憧れを強く持つ冬美の気持ちを汲もうと頑張っているとも伝えました。

頑張っている夏雄君に対して、俺を許さなくていいと…。

エンデヴァーは許してほしいのではなく、償いたいのだそうです。

 

ヒーロー名

夏雄君と対話している様子を見たエンディングが嘆いていましたね。

エンディングは猛々しいエンデヴァーに殺されたかったわけですから…。

しおらしい姿を見て嘆いていました。その最中警察も来て、連行。

エンディングを警察に引き渡した後に夏雄君がバクゴーに礼をします。

その際、ヒーロー名を尋ねたんですがバクゴーではないそうです。

何でもきちんとヒーロー名決めたようですよ。

デクにはぜってー教えねぇくたばれ!とのことでした冷たい!!

先に教える人物がいるみたいです。誰ですかね?

 

考えていた事

後日、ショートからデクに伝えられた話として描かれています。

エンデヴァーが冬美に対して、頑張らせてしまったがもう大丈夫と伝えました。

新しく建てた家で、お母さんを迎えてあげてほしいとも…。

エンデヴァーは今の家に1人残るそうですよ。

エンデヴァーが考えていたある事ってこのことだったんですね。

自分がいないことで幸せに家族が過ごせるのならと考え抜いた結論。

仕方のないことですが、無性に寂しくなりました。

いつからですかね、No.1になった辺りでしょうか。それとももっと最近?

 

次回はガラっと話が変わるんですかね。

エンデヴァーのヒーローとしての活躍を応援したくなりました!!

次回のヒロアカも楽しみに今週頑張りましょう。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】ネタバレ最新252話あらすじ予想

デク、バクゴー、ショートのインターンも無事一週間経ちました。

それぞれエンデヴァーから課題を受け、努力してきましたね。

今回の251話では、その努力が実った形というのでしょうか。

インターン初日に比べると大きな進歩とも捉えられます!

夏雄君が人質に取られてしまった時はヒヤヒヤしました。

それでは、まず次回252話について予想していきたいと思います。

 

インターン生への評価

デク、バクゴー、ショートの3人にはそれぞれ課題が課せられていました。

バクゴーとショートには、溜めて放つ、力の凝縮。

デクには、エアフォースを無意識でできるようにすること。

夏雄君の保護及びエンディングの退治を3人でやり遂げました。

不慮の出来事ではありましたが、3人とも課題をクリアできましたね。

課題クリアの評価を少なからず受けるのではないかと考えられます。

バクゴー辺りは素直に評価受けてくれなさそうですね。

あったりめぇだ!とか返しちゃいそうです。

 

轟家の関係に変化

面と向かってエンデヴァーが夏雄君に言葉を掛けるのではないか?

話す内容としては、謝罪も含まれるかもしれません。

でも、如何に家族が大事なのかという素直な気持ちを話すのではないかと思います。

轟家、エンデヴァーとその他家族の関係は必ずしも良好とは言えませんよね。

冬美さんからのお呼ばれで、デクとバクゴーが轟家に来家しましたけども…。

バクゴーも言っていましたが、客招くならセンシティブなところ見せんなや!!

そうなんですよね、轟家には所々で見えてしまう暗い部分があります。

その中でも夏雄君とエンデヴァーとの関係は修復が難しい所だとも思いますよね。

長男の燈矢君と仲が良かった夏雄君からすれば、エンデヴァーは憎い相手です。

燈矢君が亡くなったのはエンデヴァーのせいだと思っていますから!

燈矢君の死についても少し明らかになるのでは?とも考えられます。

 

死柄木のその後

246話の冒頭、死柄木とドクターとのやり取りがありましたよね。

恐らく、死柄木に複数の個性を取り込む準備及び作業の段階でした。

4か月ほど地獄の苦しみが続くとありましたね。

時系列的にはこの作業が始まって、少なくとも1週間は経っています。

多くは語られなくとも、最後の1ページに出てきそうな気もしますよ…。

チラッと不安要素が見えてくるかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】ネタバレ前回251話確定あらすじ

それでは、最新話251話のあらすじについてみていきましょう。

インターン生3人をエンデヴァーが送り届ける最中、ヴィランが襲ってきた様子が描かれています。

何でも、エンデヴァーに殺されたい?ヴィランのようです。

 

初めて見せた父親の姿

夏雄君を人質に取り、殺してほしいと懇願するエンディング。

エンディングはハイエンド戦の脳無と同じように殺されたいと願います。

その後すぐ、バクゴー、ショート、デクの順に車から飛び出し救助及び退治に向かいますね。

インターン生の邪魔が入るのを恐れて、逃走を試みるエンディング。

その際、エンディングが体勢を崩したためチャンスとばかりにエンデヴァーが向かおうとしますが…。

夏雄君と目が合ったのでしょうか、躊躇して立ち止まってしまいます。

最終的にはバクゴーが夏雄君を救助。

救助したバクゴーも巻き込み、夏雄君を抱き締め、安堵や驚きとも取れる表情をしていました。

抱き締める際、それまで顔や身体に纏っていた炎を消しています。

 

インターン生による救助・退治

エンディングが逃走を図る中、ショートが炎を溜め放出。

早く自分を殺さないから死人が増えると、エンディングは個性を使い道路を混乱させます。

混乱の中、バクゴーは力を凝縮させ夏雄君の救助を行いました。

エンディングの個性により浮き上がってしまった車をデクがエアフォースで救助。

スマッシュで飛び上がり、エアフォースで車を捕らえ道路上に戻しています。

そして最後にショートが凝縮した炎をエンディングへ拳と共に打ち込んでいました。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】ネタバレ最新話251話感想・考察

今回は、インターン生3人共強くなったなぁ!!に尽きると思います。

No.1ヒーローエンデヴァーの背中を一週間追って来たんですもんね。

その努力は伊達じゃない!!

これからの3人の成長が楽しみで仕方ないです。

 

インターン生の成長

エンデヴァーの後にバクゴー、ショート、デクの順で飛び出してきます。

コスチュームを運転手さんからデクが受け取り2人に投げ渡していました。

投げやすさ考えても個性使って、2人が受け取りやすい位置に投げるのも凄い。

バクゴーに関しては振り向かずに受け取ってますね、意外に信頼してる。

特に会話も交わしていないんですよね、この時点で!!

それにも関わらず、役割分担がきちんとされていて驚きました。

バクゴーが真っ先に救助、ショートが敵を退治、デクが後方支援でしたね。

エンデヴァーからの課題をクリアした他に、瞬時の判断力が身についています。

そういや、最高の環境で体になじませろとエンデヴァーから言葉を受けていました。

この一週間で3人の体には学校で培ったものが体になじんだん証拠ですね。

 

エンデヴァーの過去

エンディングが逃走を図り体勢を崩した際、一度は向かおうとしたエンデヴァー。

人質に取られている夏雄君を見て、何か躊躇したんですよね。

エンデヴァーの過去といえば、個性婚や息子たちに対しての厳しい姿ばかり印象に残っています。

それらは主に、焦凍君たちの記憶や語りで明らかになっていますよね?

エンデヴァー自身の回想って割と少ないような気がします。

あったとしても断片的で詳細は明らかになっていない部分が多いです。

人質に取られた夏雄君の姿に燈矢君を思い浮かべたとしたら?

もしくは、他に何かトラウマのようなものがあるのだとしたらどうでしょう。

エンデヴァーの見方が変わってきますよね。

 

父親としての姿

これはもう最後の2コマについてだけの感想になります。

それまで、身体や顔に炎を纏っていたエンデヴァー。

夏雄君を抱き締めている時(爆豪も抱き締められていますが)炎が消えてるんです。

つまり、ヒーローエンデヴァーとしてではなく父、轟炎司としてということ。

焦凍君に対して接していた時よりも父親らしいようにも思えますね。

息子を抱き締めたのなんて、もしかして初めてなのでは?

それくらいエンデヴァーが夏雄君を抱き締める姿に違和感がありました。

慣れていない感じもほんの少し感じますからね。

今回の事で少しでも、轟家に変化が起きれば良いのですが…。

 

次回はインターン編の続きか、轟家に進展があるか。

期待して待ちましょう!!エンデヴァー頑張れ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。