名探偵コナンの赤井秀一は死んだんじゃないの?生きてた理由を解説!

コナン 赤井秀一 死んだ

名探偵コナンの赤井秀一といえばFBIきっての切れ者捜査官。

そんな彼は過去に「赤井秀一が死んだ」と言われたことがあります。

赤井秀一に何があったのか?

今生きている『赤井秀一』が本人ならどうやって助かったのか、なぜ生きているのか…。

ネタバレ回など、原作とアニメ、そして解説と併せてご紹介していきます。

ということで今回は、名探偵コナンの赤井秀一は死んだといわれた事件について書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

【名探偵コナン】赤井秀一が死んだ回は何話の話?

赤井秀一が死ぬことになったお話は、

漫画第56巻File.7 ~ 漫画第59巻File.1

アニメ第491話 ~ 第504話

「赤と黒のクラッシュ」です。

アニメでは14話もある長編ストーリー。

アニメで14話使うって結構ですよね…(笑)

 

スポンサードリンク

【名探偵コナン】赤井秀一が死んだ回の内容は?

さて、赤井秀一が死んだ回については原作、アニメ共に何話かを書かせていただきました。

次は事件の内容について書いていきたいと思います。

 

黒の組織との対決

赤井秀一がかつて潜入していた『黒の組織』

その組織との対決の中でFBIはついにメンバーの一人であるキールの身柄確保に成功しました。

キールを捕らえられてしまった組織はある作戦を実行します。

組織の作戦は成功し、無事キールを取り戻すことに成功。

しかし、キールが組織に戻ったのは赤井秀一の作戦でした。

「人気アナウンサー水無怜奈=キール=CIAのスパイ」だったのです。

(CIA:アメリカの諜報機関)

 

赤井秀一の作戦とは?

赤井秀一は彼女に、FBIにも情報を流すように交渉して再び組織に戻します。

自分の弟の身柄を保証してもらう代わりに彼女はそれを了承。

そしてキールは無事組織に戻っていきました。

 

キールに待ち受けていたもの

黒の組織に戻ったキールには、とんでもないことが待ち受けていました。

組織はキール奪還が簡単に済んだことに疑問を抱きました。

組織幹部のジンは、彼女を信用するために指令を出しました。

それは赤井秀一の暗殺。

かつて黒の組織にスパイとして潜入していた赤井秀一を、組織のボスが恐れていることを考えての指令でした。

赤井秀一を殺すことで信用させろってことですよね。

怖い命令するな~って思ったけど、相手はあのジンですもんね…。

 

赤井秀一暗殺

赤井秀一を殺さなければ自分が殺される。

そんな危機に陥ったキールは赤井秀一の暗殺を実行することにしてしまったのです。

そして赤井秀一の最期の場所『来葉峠』で二人は会うことに。

一人で向かった赤井秀一に対してキールは発砲します。

キールの撃った弾は赤井秀一の肺を貫通しました。

監視していたジンの命令に従い、キールはさらに頭を撃ち抜きました。

そして赤井秀一の車を爆発させて、来葉峠を去りました。

 

スポンサードリンク

【名探偵コナン】赤井秀一が死んだのが嘘だったのは何話?

来葉峠でキールに殺され、死んだと思われていた赤井秀一。

ですが、実は死んだというのは嘘で、彼は生きてたのです。

漫画第84巻 ~ 第85巻

アニメ第779話 ~ 第783話

「緋色シリーズ」

上記の回で、赤井秀一の死の真相がある人物によって明らかにされました。

 

赤井秀一の死の真相を暴いたのは…

そのある人物というのは黒の組織に同じように潜入していた公安警察官・安室透。

赤井秀一の死について調べていた彼は、使用されたあるトリックに気付きます。

そのトリックに気付いた安室透は、赤井秀一の死に隠された真相を暴きました。

 

スポンサードリンク

【名探偵コナン】赤井秀一は死んだのに、なぜ生きている?

赤井秀一はなぜ生きているのか?

どうやって助かったのか?

赤井秀一と、ある一人の男の子が共同で考えた作戦。

そのおかげで赤井秀一は生きています。

そのトリックや作戦の内容を書いていきます。

 

赤井秀一が使ったトリック

安室透が暴いた赤井秀一の死。

安室さんが気づいた赤井秀一の死に使われたトリックのおかげで彼は生きています。

それに使われていたトリックは「死体入れ替えトリック」でした。

赤井秀一が死亡した際、身元判断に使用された焼死体の情報は指紋でしたね。

コナンくんのスマホに付着した赤井秀一の指紋と、焼死体の指紋が一致したことで赤井秀一の死亡が確定されました。

しかし、それは赤井秀一の指紋ではなく、赤井秀一より先に携帯に触った黒の組織の関係者・楠田陸道のものでした。

つまり赤井秀一が死んだと言われていたのは嘘で、実際は生きていた…。

 

偽装作戦

FBIに追われて自らの頭を拳銃で撃ち自殺することになった楠田陸道。

その死体を利用した死体入れ替えで、赤井秀一の死を偽装する作戦を思いついたのでした。

 

赤井秀一は一体どうやって助かったのか

①右手の指紋がつかないようにコーティング。

→これによって楠田のあとに赤井秀一が携帯を触っても指紋が残らない。

②キールに呼び出された来葉峠に向かう。

→その赤井の車に楠田の死体が乗っていた。

③キールの発砲に合わせて血のりを噴出。

→監視役のジンに赤井秀一が撃たれたように見せかけた。

血のりは阿笠博士の発明品です(笑)

④赤井秀一の車をキールが爆破。

→赤井秀一も隙を見てキールの車で逃走。

そして、爆破された車から出てきた楠田の焼死体。

赤井秀一が指紋の偽装工作をしていたとは知らない警察やFBI。

携帯に付着した指紋から焼死体は赤井秀一だと断定したのでした。

 

赤井秀一が生きてる理由

偽装死は全て計画通りにキールを黒の組織に戻すため。

そして組織がキールに疑いの目を向けること、赤井秀一の暗殺を指示すること。

そしてジンが頭を撃ち抜くように指示することを、コナンくんは全て読んでいました。

その上で赤井秀一の偽装死を企てました。

”偽装死”が前提の計画だったので、赤井秀一は生きています。

 

スポンサードリンク

【名探偵コナン】赤井秀一が死んだその後

赤井秀一の偽装死の計画を知っていたのは、計画を提案した江戸川コナン。

そして実行人の赤井秀一、キール。

その他、偶然気付いた赤井秀一の上司、ジェームス・ブラックの4人でした。

 

偽装死後の赤井秀一はというと…。

生きていても赤井秀一の姿で動くことが出来なくなってしまったので、捜査官らしく?(笑)

変装をして行動していました。

 

まとめ

今回は赤井秀一が死んだと言われた事件について書かせていただきました。

いかがだったでしょうか?

実は生きてた、とかびっくりしますね…。

赤井秀一に関しては「すごいな~」と思える設定がてんこ盛りです!

伏線が回収されたり、謎が解かれるたびにドキドキが止まらない!!(笑)

なぜ生きているのか、どうやって助かったのかも書いてきましたが…。

コナンくんと赤井秀一には頭上がらないですね(笑)

2020年の映画も赤井秀一が重要なようですし、まだまだ楽しみはなくならない!

これからも赤井秀一から目が離せません!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。